全国のユニークな病院をご紹介

チームによるがん治療や杉田玄白コーナーの設置!福井県の病院を紹介

サンプル画像

福井県には、チームと診療科が連携してがん治療を行う病院や、ユニークなコーナーを設置している病院があります。

福井県済生会病院の集学的がん診療センターには、腫瘍内科の専門医が常勤。ほかにも「がん薬物療法認定薬剤師」や「がん化学療法看護認定看護師」などの専門スタッフを配備しているんです。

杉田玄白記念公立小浜病院は、杉田玄白の精神を受け継いでいます。病院内の一角には「杉田玄白コーナー」を設置し、関連の品を展示。また看護師の業務改善のための活動も行っているんですよ。

この記事では「福井県済生会病院」と「杉田玄白記念公立小浜病院」を紹介します。

集学的がん診療センターでがん治療に注力!福井県済生会病院

福井県済生会病院は、がん診療連携拠点病院の指定を受けています。集学的がん診療センターを設置し、がん診療に力を入れているんですよ。

集学的がん診療センターの取り組みは次の5つです。

集学的がん診療センターの取り組み
  • 腫瘍内科によるがん診療
  • 患者さんと家族のサポート
  • 院内がん情報の集約
  • がん診療の地域連携
  • 臨床研究および教育

福井県済生会病院の集学的がん診療センターは、患者さんとその家族が安心して治療を受けることができる、窓口の役割を担っています。患者さんの治療はもちろん、患者さんのサポートやがん情報の提供、研究・教育にも取り組んでいるのです。

この中でも特に力を入れているのが、腫瘍内科によるがん診療。

がんをより広い視野で診るために、がんを専門に扱う「腫瘍内科」を開設したのです。

腫瘍内科について、詳しく見ていきましょう。

チームでがん患者に医療提供!各診療科と連携する「腫瘍内科」

これまでのがん治療は、その部位に応じて各診療科で診察・治療を行うのが一般的でした。それに対して福井県済生会病院の腫瘍内科では、各診療科と連携を図りながら患者さんの診察・治療を実施。

腫瘍内科の専門スタッフにより構成されたチームと、各診療科の医師が協力してがん治療を行っているんです。

チームを構成する専門スタッフは次のとおり。

腫瘍内科のチーム構成スタッフ
  • 日本臨床腫瘍学会専門医
  • がん薬物療法認定薬剤師
  • がん化学療法看護認定看護師

日本臨床腫瘍学会専門医である腫瘍内科の専門医は、海外では多く活躍していますが、日本ではまだ数少ない存在。全国的に見ても、腫瘍内科医が専門医として常駐している病院は多くありません。

がん薬物療法認定薬剤師は、薬剤を管理するプロフェッショナルとして、安全な抗がん剤治療を支えています。患者さんにわかりやすい服薬指導を行い、副作用の予防・早期発見に努めているんです。

また抗がん剤治療において、なくてはならない存在なのが「がん化学療法看護認定看護師」。主な役割は次のとおりです。

がん化学療法看護認定看護師の主な役割
  • 化学療法の外来治療をサポート
  • 抗がん剤の副作用に対するケア

福井県済生会病院のがん化学療法看護認定看護師は、アメニティールームに所属しています。アメニティールームは通院しながらがん治療を行う患者さんが、快適に抗がん剤治療を受けるための専門ルームです。

がん化学療法看護認定看護師は、抗がん剤を投与中の患者さんの様子を観察しながら、化学療法をサポートしているんですよ。

抗がん剤による副作用が出た場合は、副作用に対する苦痛の緩和ケアを行っています。さらに、副作用による脱毛や日常生活の不自由な点など、化学療法で生じた問題にも対応しているのです。

腫瘍内科のがん治療チームと各診療科の医師が連携して治療を行うことで、患者さんは安心して治療を受けることができます。腫瘍内科と各診療科との連携体制による治療は、全国的にも画期的な取り組みです。

福井県済生会病院の基本情報
住所 福井県福井市和田中町舟橋7-1
最寄り停留所 バス停「済生会病院停留所」
病院HP 福井県済生会病院
病床数 460床
福利厚生 ・看護師宿舎
・24時間保育施設

福井県済生会病院では、看護師の働き方改善に努めています。仕事と家庭を両立するための多様な選択肢が用意されており、出退勤時間などが異なる働き方が19種類もあるのです。結婚・出産後も、短時間勤務を利用して仕事を続けたい人におすすめですね。

杉田玄白の精神を受け継ぐ!杉田玄白記念公立小浜病院

「解体新書」を翻訳したことで有名な杉田玄白。そのゆかりの地である福井県小浜市には、杉田玄白記念公立小浜病院があります。

公立小浜病院の基本方針の1つは、杉田玄白の精神を受け継ぎ良質・最新の医療を提供することです。

公立小浜病院では患者さんにより良い治療を施すために、看護業務の改善活動を行いました。さらに病院内の一角には「杉田玄白コーナー」を設置。杉田玄白に関連する品を展示しているんですよ。

まずは公立小浜病院で行った、看護業務の改善活動から見ていきましょう。

看護師の業務改善のための取り組み!フィールド・イノベーション活動

公立小浜病院では、看護師の過密業務が問題となっていました。そんな現状を改善するために行ったのが「フィールド・イノベーション活動※」です。

フィールド・イノベーション活動とは

富士通株式会社が実施する、業務改革活動のこと。富士通株式会社とともに、現状の克服に取り組みます。

フィールド・イノベーション活動の主な取り組みは、次の3点です。

フィールド・イノベーション活動の主な取り組み
  • 問題点の可視化
  • ICT※を生かした改革
  • 改善・改革の継続
※情報処理や通信に関連する技術、産業、設備、サービスなどの総称。

フィールド・イノベーション活動によって、明確になった問題点とその解決策は次のとおり。

公立小浜病院の問題点とその解決策
問題点 解決策
申し送りの時間過多 ・電子カルテの導入
・申し送りの原則廃止
看護師同士のコミュニケーション不足 ・看護方式「ペア制」の導入
電子カルテを導入し、患者さんの状態を伝える「申し送り」を原則廃止したことで、看護師の超過勤務時間を大幅に削減。さらに看護を2人1組で行うペア制の看護方式によって、看護師同士のコミュニケーションの増加や、看護の確実性・安全性が向上しました。

フィールド・イノベーション活動によって看護師の働きやすい環境を作り、より良質な医療を提供することが可能になったのです。

続いて、病院内にある「杉田玄白コーナー」を紹介します。

杉田玄白に関連の品を展示する「杉田玄白コーナー」

公立小浜病院の院内に設置されている「杉田玄白コーナー」。ここでは杉田玄白に関連する品や、杉田玄白との関りが深い先人の品などが飾られています。展示品の一部を見てみましょう。

解体新書

外科医であった杉田玄白は、オランダの解剖書「ターヘル・アナトミア」を翻訳しようと取り組みました。前野良沢・中川淳庵とともに翻訳を行い、1774年(安永3年)に「解体新書」を発刊。公立小浜病院には、全5冊の解体新書が展示されています。

杉田玄白の肖像画

杉田玄白が執筆した「形影夜話」の巻頭に描かれている、杉田玄白の肖像画を展示。画家の石川大浪によって、杉田玄白が78歳のときの顔が描かれているんです。

「醫事不如自然」の書

杉田玄白が最後に残した言葉「医事は自然に如かず」の書を展示。

「病気の治療は自然に従った治療、あるいは療養の仕方以上のものはない」という意味を持つこの言葉は現在でも受け継がれ、多くの医療関係者に影響を与えています。

杉田玄白とともに、解体新書の翻訳に取り組んだ「中川淳庵」。公立小浜病院には中川淳庵の功績を称える「中川淳庵顕彰薬草園」があります。公立小浜病院は先人たちの活躍を大切にし、後世に受け継いでいるのです。
杉田玄白記念公立小浜病院の基本情報
住所 福井県小浜市大手町2-2
最寄り駅
(所要時間)
JP小浜駅
(徒歩3分)
病院HP 杉田玄白記念公立小浜病院
病床数 456床
福利厚生 ・院内保育所
・小浜市病児後保育所
・職員宿舎

公立小浜病院では、女性の患者さんに配慮した医療サービスを心掛けています。女性専用の相談室を設け、女性看護師が患者さんの相談に対応。女性の患者さんにも、安心して治療を受けてもらえるよう取り組んでいるんです。

チームによるがん治療や杉田玄白の精神を尊重!福井県の病院に注目

この記事では福井県でがん治療に力を入れる病院や、杉田玄白の精神を受け継ぐ病院を紹介しました。

福井県済生会病院は、集学的がん診療センターを設置。腫瘍内科の医療チームに所属する「がん化学療法看護認定看護師」は患者さんへ施す化学療法において、必要不可欠な存在です。

杉田玄白記念公立小浜病院では「杉田玄白コーナー」を院内に設置し、杉田玄白に関連する品を展示。さらに看護師の働きやすい環境を整えることで、良質な医療提供を目指しているんですよ。

医者や医学者として活躍した、福井県にゆかりのある先人はほかにも多くいます。

先人たちに影響を受けた福井県の病院は、今後どのような活躍を見せてくれるのでしょうか。これからも福井県の病院に注目です。