看護師求人のある全国の病院を紹介

看護師求人のある福岡の病院!海外留学支援・フライトナースなど

看護師求人のある福岡の病院!海外留学支援・フライトナースなど

アジアの玄関口ともいわれる福岡県には、国際的な視野を持った病院が多くあります。たとえば、海外留学の支援、院内での英語教育を実施している飯塚病院。ここでは「グローカル」という言葉を掲げ、医療活動・改善活動の推進を行っています。

また国内外の災害への迅速な対応でアジアNo.1を目指す病院も。九州大学病院はDMAT(災害派遣医療チーム)を置き、救急・災害分野の人材育成を行っています。研究開発においても外傷・熱湯・感染等の分野で世界最先端の災害救急医療を目指しています。

そして全国で5番目のドクターヘリ基地病院も福岡にあります。久留米大学病院では働くお母さんを支援。子育てをしながらフライトナースとして活躍している看護師がいます。

ここでは、英語教育が充実している病院やドクターヘリ基地病院、災害医療の取り組みに力を入れている病院などを紹介します。

海外留学支援・英語教育プログラム実施!飯塚病院の魅力

飯塚病院

参照元:飯塚病院

福岡県の中央に位置する飯塚市。そこには画期的な取り組みを行う飯塚病院があります。飯塚病院では海外留学の支援や英語教育プログラムを実施。また、元は製造業で行われていた経営管理手法の一種、「TQM活動」を先駆的に病院業界に導入しました。

飯塚病院の取り組みは国際学会で表彰を受けるなど、注目を集めています。また、海外から医師が研修や見学に訪れることも。「国内外のモデル病院」を目指して、日々医療の質の向上に邁進しています。

ここで、さまざまな取り組みを行う飯塚病院の特徴を確認してみましょう。

    <特徴>

  • 英語教育プログラム実施
  • 専門・認定看護師資格取得支援
  • TQM活動※
  • チーム医療の推進
  • ドクターカー導入

※経営管理手法のひとつ

飯塚病院は緩和ケア・NST(栄養サポート)・ICT(感染対策)・RST(呼吸サポート)などのチーム医療を行っています。

また筑豊地域で唯一の救命救急センターであるため、救命率の向上を図り「ドクターカー」を導入。これにより医師や看護師、救命救急士は迅速に患者の元へ駆けつけられるようになりました。

飯塚病院は「筑豊地域を日本で最も救急医療の進んだ地域にする」という目標を掲げています。

充実した英語教育プログラム「English For All」

海外の医療機関と提携・交流し、グローバルな視野で医療レベルの向上に努める、としている飯塚病院には「English For All」という英語教育プログラムがあります。

職員の英語力アップを推進するため、院内にはネイティブスピーカーが常駐し個別指導やクラスレッスンを実施。

さらに、海外留学の経済的支援なども行っています。

実際に留学した看護師(高度治療室勤務)の留学内容をみてみましょう。

<留学概要>

留学先:アメリカ合衆国
期間:1年間
留学理由:「英語が好きなので、海外生活を送ってみたかった」

留学中は勉強をしっかり行うのはもちろんですが、オンオフを切り替えて休日は海外ならではの楽しみもしっかり満喫したようです。留学経験は一生の財産になると語っています。

英語に興味のある人には嬉しい制度ですね。

飯塚病院の求める看護師像や求人について

画期的な取り組みを行う飯塚病院では、看護師の教育制度も充実しています。専門・認定看護師の資格取得を推進。看護スキルの高さは他大学病院の医師たちから「チーム医療のメンバーを選ぶのなら飯塚病院の看護師と組みたい」と言われるほどです。

充実した教育制度と質の高い看護を行う飯塚病院では、次のような看護師を求めています。

  • 先取りの患者中心の看護を実践
  • 専門知識や技術を基に質の高い看護を実践
  • 科学的、論理的思想の基に看護を実践

飯塚病院の診療科はこちらです。

<診療科一覧>

画像診療科/眼科/がん集学治療センター/肝胆膵外科/肝臓内科/漢方診療科/緩和ケア科/救命救急センター救急部/形成外科/外科/血液内科/膠原病・リウマチ内科/呼吸器外科/呼吸器腫瘍外科/呼吸器腫瘍内科/呼吸器内科/呼吸器病センター/産婦人科/喉科/集中治療部/循環器内科/消化器内科/消化管・内視鏡外科/小児科/小児外科/神経内科/心臓血管外科/腎臓内科/心療内科/ストーマ外来/整形外科/精神神経科/総合周産期母子医療センター(新生児部門・産科部門)総合診療科/内分泌・糖尿病内科/脳神経外科/脳卒中センター/泌尿器科/皮膚科/病理科/ふれあいセンター/PET・核医学センター/放射線治療科/麻酔科/予防医学センター/リハビリテーション科/臨床腫瘍科

こちらの病院について詳しく知りたい人は飯塚病院のホームページをご覧ください。

飯塚病院では「グローカルな医療活動・改善活動の推進」を行っています。グローカルとはグローバル&ローカルを掛け合わせた言葉。救急医療への取り組みやTQM活動に、充実した英語教育プログラム。飯塚病院のこれからの取り組みに注目です。

全国5番目のドクターヘリ基地病院!久留米大学病院

久留米大学病院

久留米大学病院は福岡県総合周産期医療センター、地域がん診療連携拠点病院、厚生労働省臨床研修指定病院、特定機能病院として活躍しています。九州で最も早く認定された高度救命救急センターは、全国で5番目のドクターヘリ基地病院でもあります。

久留米大学病院の特徴は次のとおりです。

    <特徴>

  • ドクターヘリ基地病院
  • 働きやすい環境
  • キャリア支援が充実
  • チーム医療の推進
  • PNS※体制

※PNS(パートナーシップ・ナーシング・システムの略)

それでは、久留米大学病院の特徴についてもう少し詳しくみていきましょう。まずはドクターヘリからお伝えします。

ドクターヘリで現場へ急行!働くママも活躍中フライトナース

ドクターヘリは救命医療の専門医師や看護師が現場にいち早く到着し、治療を行うことで救命率の向上・後遺症の軽減、災害時の医療救護などの充実を図ります。

全国で5番目に配備された福岡県のドクターヘリは、久留米大学病院を基地病院として運航を開始。対象範囲は福岡県全域、佐賀県全域、大分県の一部地域です。機動性に優れたヘリは、福岡県内(北九州市の一部除く)・佐賀県内であれば約20分でカバーできます。

救命救急の医療機器を載せたヘリコプターに乗って、現場へ急行するフライトナース。一度は憧れた人もいるのではないでしょうか。久留米大学病院では、小さなこどものいるママもフライトナースとして活躍しているんですよ。

小さなこどもがいても職場復帰できる理由には、久留米大学病院の「働き続けられる環境」にあります。病院では保育所を完備するなどの子育て支援に加え、休暇中もe-ラーニングの利用や復職時の教育支援体制を用意しています。

子育てしながらキャリアも積める、という環境は働くママにとって嬉しいポイントですね。続いては久留米大学病院の求める看護師像などについてお伝えします。

久留米大学病院の求める看護師像や求人について

久留米大学病院は2人体制で看護を行うPNSを導入。パートナー同士で不足分を補い、協力し合って看護を実践していきます。

特定機能病院として最先端医療や急性期医療に取り組んでいる久留米大学病院では、次のような看護師を求めています。

  • 患者の状況を察知できる看護師
  • 信頼される対人援助能力に優れた看護師
  • 臨床実践能力の高い看護師
  • 自立した笑顔と元気のある看護師

併せて、久留米大学病院の診療科も確認してみましょう。

<診療科一覧>

肝がんセンター/消化器病センター/炎症性腸疾患センター/循環器病センター/呼吸器病センター/肺がんセンター/糖尿病センター・内分泌代謝内科/内科総合外来/神経内科/腎臓内科/血液・腫瘍内科/膠原病内科/遺伝外来/睡眠医療外来/もの忘れ外来/がん集学治療外来/海外旅行・ワクチン外来/感染制御科外来/放射線科外来/乳腺外科・一般外科総合外来/精神神経科/小児科/小児外科/整形外科/耳鼻咽喉科・頭頸部外科/形成外科・顎顔面外科/脳神経外科/皮膚科/眼科泌尿器科/産科/婦人科/歯科口腔医療センター/麻酔科/緩和ケアセンター

こちらの病院について詳しく知りたい人は久留米大学病院のホームページをご覧ください。

久留米大学病院では、次のような7つのチーム医療を行っています。緩和ケア・栄養サポート・呼吸療法・褥瘡対策・精神科リエゾン・インフェクションコントロール・セーフティーコントロール。看護師には他職種間の連携・調整、患者への質の高いケアの提供などチーム医療のキーパーソンとしての役割があります。

災害医療の最前線日本DMAT!九州大学病院の取り組み

九州大学病院

参照元:九州大学病院

国立大学病院で最多の臓器移植・骨髄移植を実施している九州大学病院。特定機能病院に指定されており、再生医療や遺伝子治療、ロボット支援手術などの最先端医療にも取り組んでいます。

医療の最先端を走る九州大学病には次のような特徴があります。

    <特徴>

  • DMAT※の活躍
  • 特定機能病院
  • 充実した教育制度
  • 育児支援
  • 最先端医療への取り組み

※災害医療派遣チーム(Disaster Medical Assistance Teamの略)

それでは、九州大学病院のDMATについてもう少し詳しくお伝えしていきます。

国内外の災害への迅速な対応アジアNo.1目指す!救命救急センター

九州大学病院の救命救急センターは、災害への対応の速さアジアNo.1を目指し、DMATなどが活躍しています。

DMATは災害医療の専門的な訓練を受けた医師や看護師などで構成。消防や自衛隊など関係機関と連携を取り、医療活動を行います。現場では負傷レベル別に治療の順番を判断するトリアージも実施。

災害医療の課題は、阪神淡路大震災から浮き彫りになりました。課題となったのは、急性期の現場での医療の欠落、災害医療を行う病院(災害拠点病院)がないこと、重症患者の広域搬送がされなかったこと、医療情報が伝達されなかったことです。

平常時の救急医療が提供できていれば、「救えた命」は500名にも上るという報告もあります。

そのような背景から誕生したのがDMAT、ドクターヘリ、ドクターカー。九州大学病院は平成8年に災害拠点病院に任命され、厚生労働省主催の講習会を受講した医療スタッフによる「日本DMAT」を置いています。

さらに、大規模災害を想定したトリアージ訓練なども毎年実施しています。災害時の医療支援を行いたいと考えている人は、DMATへの参加などを検討してみましょう。

九州大学病院の求める看護師像や求人について

救急医療、先端医療、がん診療の充実と強化を図る、九州大学病院では次のような看護師を求めています。

  • 高度な看護実践能力と専門役割を習得し的確な判断と行動ができる看護師
  • 看護の倫理観に基づいた人間性、社会性を備え地域貢献ができる看護師
  • 主体的に学び、キャリア開発ができる看護師

九州大学病院の魅力のひとつは、大学病院ならではの充実した教育制度。専門性の高い知識・技術を習得した看護師を育成するために、院内認定看護師制度を設けています。

<診療科一覧>

血液・腫瘍・心血管内科/免疫・膠原病・感染症内科/消化管内科/腎・高血圧・脳血管内科/内分泌代謝・糖尿病内科/肝臓・膵臓・胆道内科/心療内科/神経内科/循環器内科/呼吸器科/小児科/精神科神経科/放射線科/総合診療科/先端分子・細胞治療科/外科系/産科婦人科/消化管外科/胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科/呼吸器外科/乳腺外科/内分泌外科/消化管外科/肝臓・脾臓・門脈・肝臓移植外科/呼吸器外科/乳腺外科/血管外科/整形外科/脳神経外科/心臓血管外科/小児外科、成育外科、小腸移植外科/皮膚科/泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科/眼科/耳鼻咽喉・頭頸部外科/リハビリテーション科/麻酔科蘇生科/形成外科

こちらの病院について詳しく知りたい人は九州大学病院のホームページをご覧ください。

九州大学病院では、育児によるブランクの不安などを解消するために「育児休業復帰支援プログラム」を用意しています。なかでも特徴的なのは復帰前シャドー研修。職場復帰をする前に半日から1日、スタッフについて休業中の業務内容や現場を確認。この間は看護処置を行うことはありません。このような取り組みはブランクのある看護師にとっては心強いですね。

学びたいを見つけよう!福岡には画期的な取り組みを行う病院多数

福岡県には英語教育やフライトナース、DMATなど画期的な取り組みを行う病院がたくさんあります。

英語を学びたい人には飯塚病院がおすすめ。院内にいながらネイティブスピーカーのレッスンを受けられるだけでなく、海外留学の経済的支援まで行っています。

フライトナースに興味がある人は久留米大学病院をチェック。ドクターヘリ基地病院はいくつもあるわけではありません。お住まいの地域にせっかく基地病院があるのですから、フライトナースに興味がある人はぜひ検討しましょう。

災害医療や救命医療に携わりたい人は、九州大学病院への転職を考えてみてはどうでしょうか。災害への迅速な対応アジアNo.1目指している救命救急センターでは学べることも多いはずです。

また子育てをしている場合は、育児支援体制があるのかも重要なポイント。ここで紹介した3院はすべて、託児所(保育所)が利用できますよ。

支援体制の有無でキャリプランも変わってきます。病院選びをする際は支援体制が整っているかしっかり確認するようにしましょう。

※記載されている内容は2017年1月現在のものです。