> > 大人ニキビは思春期ニキビとは別物!正しい原因と対策を知ろう!

大人ニキビは思春期ニキビとは別物!正しい原因と対策を知ろう!

ニキビは思春期の代名詞とも言われるくらい、男女問わず中高生を悩ませるものです。でも、大人になってからもニキビができて困ってしまうことってありますよね。

ニキビの見た目や、できやすい場所などをよく観察すると、大人の女性を悩ませるニキビは、思春期ニキビとは微妙に違うことに気づく人もいるかもしれません。

そう、大人ニキビは、思春期ニキビとは全くの別物なんです!ということは、原因も取るべき対策も思春期ニキビとは違うということ。

そこで、適切な対処をすべく、大人ニキビの原因や治療法などを詳しくご紹介していきます。大人ニキビができやすい女性はぜひ、ここを読んでツルツルお肌を目指してくださいね。

意外!?お肌の乾燥が大人にきびの出来やすい状態を招く!

にきびといえば、やはり思春期ニキビの方になじみがある方も多いですよね。そこで、まずは大人ニキビと思春期ニキビの違いをお話し、その中から大人ニキビの特徴を学んでいきましょう。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビ。同じ「ニキビ」という言葉がつくため紛らわしいですが、別物です。では、両者の間にはどんな違いがあるのでしょうか。

10代でできるニキビは、思春期特有のホルモンバランスによって皮脂分泌が過剰になり、アクネ菌が増加することが原因です。大人ニキビは、ストレスや生理周期、乾燥、毛穴の詰まりなどが原因です。

その他にも、大人ニキビと思春期ニキビはいろんな違いがあります。その違いを簡単にまとめると、こんな感じです。

種類 できやすい部位 できやすい年齢 原因
思春期ニキビ Tゾーン 13~18歳頃まで 過剰な皮脂
大人ニキビ あご周辺 20歳~更年期頃まで 乾燥・古い角質

大人ニキビは治りにくい?

大人になると、お化粧をする機会が増えますよね。ということは、クレンジング剤を使う機会も増えるということ。社会人ともなれば、毎日メイクとクレンジングを繰り返すのが当たり前の生活を送る女性も、たくさんいるはず。

また、大人になると1年中、空調の効いた室内で過ごすことが多くなります。実は、このような生活が、大人ニキビの原因を作るのです。

クレンジング剤や洗顔料は、メイクだけでなくお肌に必要な潤いまで一緒に洗い流してしまうことがあります。また、髪の生え際などは特に、洗い残しが多くなりがちです。これが毎日蓄積されると、乾燥や古い角質がどんどん積み重なり、大人ニキビができてしまうというわけです。

日頃から気を付けていればよいのですが、大人ニキビの原因を知らなかったり、忙しかったりすると、対策が取れないままになってしまいます。大人の女性ともなれば、メイクをしないというわけにもいきません。

そのため、大人ニキビは悪化しやすく、しかも治りにくいという悪循環を示す傾向があるのです。化膿ニキビにまで悪化してしまうと、デコボコや色素沈着といったニキビ跡ができやすくなってしまいます。

にきびの原因を作らないスキンケアとは

こんな大人ニキビを作る悪循環を断ち切るためには、ニキビ対策を意識したケア方法を実践していく必要があります。その秘訣は、メイクはしっかり落としつつも、乾燥を防ぐことです。

  • クレンジング剤は拭き取りタイプやオイル系を避ける
  • 髪の生え際などもしっかり洗い流す
  • 保湿をしっかりする

具体的には、このような点に気を配ると、お肌の乾燥をかなり防ぐことができます。

拭き取りシートやオイルクレンジングは、メイクをしっかり落とせた感があるので愛用者も多いのですが、その分潤いまで落としてしまいがちです。

乾燥やニキビが気になってきたら、ミルク系やクリーム系のクレンジング剤か、固形石鹸もオススメです。

大人ニキビは化粧品でも対策しよう!

思春期ニキビ対策として、塗り薬やローションなどが有名ですよね。これらはイオウ系の成分が入っていることが多いです。思春期ニキビの原因は皮脂なので、イオウ系は殺菌作用などだけでなく、皮脂を取り去る作用も強いんです。

これを乾燥が原因である大人ニキビに使ってしまうと、逆効果になることもあり得ます。ですから、大人ニキビには思春期ニキビ用の治療薬ではなく、大人ニキビ用の基礎化粧品で対策するのが効果的です。

  • セラミドなどの保湿成分
  • ビタミンC誘導体
  • AHA、サリチル酸などのピーリング成分

これらの成分が入った化粧水や乳液を使って、洗顔後の保湿をじゅうぶんに行いましょう。ただし、ピーリング成分は古い角質を取り除くものであり、乾燥肌や敏感肌の人が使うと、余計ガサガサになってしまうので慎重に使うべきです。

乾燥肌の方がピーリング成分が入っているものを使う際には、拭き取りタイプではなく、ミルクやジェルタイプのものから試してみるようにしましょう。

また、大人ニキビができやすい部位として、あごやお口の周辺が多いのですが、実はここは化粧水や美容液が行き渡りにくい場所でもあるんです。

意識して丁寧にあごやお口周りまでを、保湿してあげましょう。

誰もが乾燥しがちな冬だけではなく、夏でもエアコンの影響でお肌の乾燥を訴える女性は多いものです。これが大人ニキビを引き起こす要因にもなっているんですね。

大人ニキビは皮脂分泌が原因の思春期ニキビと違って、このような乾燥や古い角質が原因になっているので、化粧水や美容液などでしっかりと保湿することが、一番大切なスキンケアとなるのですね。

その生活習慣が大人ニキビを悪化させる!食事や睡眠に気を付けて!

大人ニキビには、「乾燥」と「古い角質の蓄積」という原因があることをお話しました。これらのベースになる原因に、実際にニキビができるきっかけを与えてしまうのが生活習慣なんです。

こんな生活習慣には要注意!

以下のような生活習慣を持つ女性は、大人ニキビのリスクが高まります。

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 過度の飲酒喫煙

お仕事や家事育児に忙しく頑張っている女性なら、誰でも陥りがちな生活習慣ですよね。このような生活習慣が、なぜ大人ニキビに繋がってしまうのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

生活習慣がホルモンバランスを崩す

偏った食生活や喫煙などがお肌に良くないのはよく知られていますが、睡眠不足やストレスも大人ニキビのリスクを高めてしまうと言われています。これは一体なぜなのでしょうか。

ストレスがたまったとき、身体の中では、男性ホルモンが分泌されたり、「怒りのホルモン」とも呼ばれるノルアドレナリンが増加したりしています。男性ホルモンは、角質層を厚くする働きがあり、毛穴を収縮させます。 そこに皮脂が過剰に分泌されるため、ニキビができてしまいます。

なんと、ストレスを受け続けていると、体内に男性ホルモンが増加してしまうんですね!そして、それがニキビにつながっているわけです。

睡眠不足も同様に自律神経を乱し、その結果ホルモンバランスを崩してしまうため、ニキビが出来やすい状態になってしまうのです。

ニキビの出来にくい生活習慣

それでは、大人ニキビを作らないためには、どんな生活を送ればよいでしょうか。答えは、単純!上記の、大人ニキビのリスクを高める習慣をやめればよいんです。

つまり、

  • バランスの良い食生活
  • 睡眠をしっかりとる
  • ストレスを溜めない
  • 飲酒・喫煙は控える

ということです。

食生活は何でもバランスよく食べることが大切ですが、特にビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどが含まれる、抗酸化作用のある食材を積極的に取り入れると効果的です。

具体的には、りんごやバナナなどのフルーツ類、玄米、ホウレンソウやピーマンなどの野菜類やキノコ類がそれに当たります。ニキビ対策だけでなく、全体的に健康になれそうな食材なので、是非たくさん食べましょう。
ニキビケアには睡眠や食生活が重要なのはよく知られていますが、ストレスまでもがニキビの要因になるというのは、ちょっと意外に思った方もいるのではないでしょうか。

夜10時から午前2時までは美容や健康のゴールデンタイムと言われていますが、実はよく眠ることはストレス解消にも効果的なんです。この時間にしっかり睡眠を取ることをおすすめします。

更年期にもニキビができやすい!?ホルモンバランスの乱れも影響

前章で、ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが崩れることも、大人ニキビのきっかけになるとお話しました。

大人の女性がホルモンバランスの乱れを経験しやすい時期といえば、更年期があります。つまり、更年期にも大人ニキビができやすいんです。

更年期のホルモンバランス

更年期になると、エストロゲンという女性ホルモンが一気に減少します。このエストロゲンは女性の心身を女性らしく美しく整えてくれる働きをするものなんです。

更年期はホルモンバランスの乱れによって、実に様々な症状が現れますが、大人ニキビもそのうちのひとつなんですね。

お肌の機能の衰え

また、更年期の大人ニキビにはホルモンバランス以外に、お肌の機能自体が衰えることも関係しています。

最初の章で、大人ニキビの原因のひとつとして、古い角質が溜まってしまうことが挙げられるとお話しましたが、更年期ともなるとお肌が古い角質を自然にはがす働き(ターンオーバー)がますます衰えてしまいます。

20代の頃は、約28日で新しい細胞に入れ替わって、角質が剥がれ落ちていきます。

しかし更年期と言われる50代になると、肌が生まれ変わる期間は75日にまで伸びてしまいます。

この古い角質が長くお肌にとどまるせいで毛穴が詰まり、大人ニキビができてしまうというわけです。

どんな対策があるの?

更年期の大人ニキビ対策としてホルモンバランスを整えるためには、既にお話したように食生活や睡眠時間をはじめとする生活習慣を整えることも、とっても有効です。

しかし、更年期のホルモンバランスの変化は非常に急激なので、生活を見直すだけでは追いつかないこともしばしばです。

更年期症状があまりにも辛ければ、お薬や漢方の力を借りてみるのもひとつの手です。

  • 皮膚科でニキビ治療薬をもらう
  • 婦人科でホルモン治療を受ける
  • 薬局などで漢方をもらう
  • 市販の薬を飲む

具体的には、このような方法があります。ニキビの状態やその他の更年期症状の程度によって、ご自身に合った方法を試してみて下さい。

更年期には本当に様々な困った症状が出てくるものですが、大人ニキビもそのうちのひとつなんです。ホルモンバランスの乱れというのは、自分ではどうしようもない部分も大きいので、やっかいですよね。

でも、だからこそ専門医に相談してみると、一気に解決することもあります。更年期がツラい場合は、無理せず婦人科や漢方内科などで相談してみるとよいですよ。

大人ニキビは速やかな対処が重要!乾燥を防いでツルツルお肌へ!

いかがでしたか?大人ニキビって、思春期ニキビとはずいぶん違うものだったのですね。大きな原因は、乾燥や古い角質。お肌の機能の衰えは自分ではなかなか改善しにくいですが、乾燥対策ならばすぐにでも強化できそうですよね。

放置するとどんどん治りにくくなってしまうため、素早い対策が肝心です。できることなら、ニキビができていないうちから予防に取り組むのがベストですね。

スキンケアも重要ですが、もちろん基本的な生活習慣を整えることが大前提となります。バランスの良い食事や質の良い睡眠で、いつまでもツルツルお肌を目指しましょうね!