> > 人前で靴を脱ぐのが怖い!気になる足の臭い、その原因と対策とは

人前で靴を脱ぐのが怖い!気になる足の臭い、その原因と対策とは

靴を脱いだ時に、足の臭いが気になった経験はありませんか?

個人のお宅や小上がりのあるお店など、人前で靴を脱ぐ機会は意外と多いものです。

そんな時、「足が臭うのを周りの人に気付かれたらどうしよう」と思うと、行動が消極的になりがちです。

今回は、足の臭いの原因は何なのか、臭いで不快な思いをしない為の対策にはどんなものがあるのかを紹介します。

対策をしているにもかかわらず足の臭いが気になるという場合は、足白癬(いわゆる水虫)や多汗症、内臓疾患などの病気があるのかもしれません。これらの病気の症状や原因、治療法などについても解説をしていきます。

それぞれの原因に合った対策をして、臭わない足を目指しましょう。

足の臭いはどこから来るの?「臭い」が発生するメカニズムとは?

足の臭いを感じるのはどんな時ですか?

スポーツで汗をかいた後や、一日仕事をして帰宅した時に、履いていた靴を脱ぐと臭う・・・ということが多いのではないでしょうか?

まずは臭いが発生するメカニズムを確認しておきましょう。

臭いの犯人は汗?でも、体から出たばかりの汗は臭くない!

汗をかいたりムレたりした後に臭いを感じることが多いので、臭いの原因は「汗」だと思っている方が多いです。

実は、体から出たばかりの汗は、ほとんど臭いがしません。しかし、時間が経つと臭くなります。

汗が臭くなる時に関係するのが皮膚の上の細菌です。元々皮膚には多くの細菌が存在しますが、通常は皮膚を守る為に働いています。

汗をかくと、汗や皮脂・角質などをエサに細菌が増殖し、その過程で臭いが発生します。汗の量が多いと細菌のエサも増えるので、臭いも強くなります。汗が臭うようになるのは細菌の働きだったのです。
汗・皮脂・角質+細菌=臭いの発生

一日履いていた靴の中は、細菌にとってはパラダイスだった!

足の臭いを感じるのは、靴を脱いだ時が多いと思います。

ところで、あなたが普段靴を履いている時間はどれくらいですか?仕事をしている時間に通勤時間などをプラスすると、一日の半分は靴を履いているのではないでしょうか?

長時間履いていた靴の中は次の様な状態になっています。

  • 体温で温度が上がっている
  • 足の汗で湿度が上がっている

高温多湿になった靴の中は細菌にとって居心地のいい場所なので、細菌の増殖が加速し、足の臭いを強めてしまいます。

細菌はダークなイメージだけど全部が悪者ではないんだ。

口の中や腸の中にも細菌がいるが、数のバランスがとれている時は体を守ってくれるんだ。

細菌が増えて足が臭うのなら、菌を増やさない方法を考えようぜ。

足の臭いを軽減させるために、足・靴・靴下の3つに着目しよう

足の臭いは、汗や皮脂をエサに細菌が増殖することが原因だと分かりました。ここからは、足の臭いを減らす為に、足・靴・靴下の3つに着目して対策を考えていきます。

あなたの足、毎日きちんと洗えている?

お風呂やシャワーは欠かさないという方が多いと思います。でも、その時に足を丁寧に洗っていますか?

足を洗う時のポイントをまとめておきます。

  • 湯船や足湯で足を湿らせ汚れを浮かせる
  • 殺菌作用のある石鹸などを泡立てて使う
  • 手で足指の間などを丁寧に洗う
  • 爪の周りも念入りに洗う
  • 泡や石鹸の成分をしっかり流す
  • 清潔なタオルで指の間までしっかり拭く

殺菌効果のある石鹸をすすめていますが、なければ普通の石鹸でもかまいません。ただ、保湿効果のあるボディシャンプーは足には向きません。

入浴中に軽石などでカカトのお手入れをする方も多いと思いますが、こすり過ぎて肌を傷つけてしまうと細菌が付きやすくなるので注意が必要です。

また、足の爪が伸びていると汚れが溜まりやすいので、適度にお手入れをしておきましょう。

足の臭い対策は、清潔と乾燥を心掛けることが大切です。

また、重曹足湯も臭い防止の効果があります。

【重曹足湯】
洗面器1杯のお湯に大さじ2~3杯の重曹を溶かして足を浸す。(肌が弱い人は食用の重曹を使って)

足の臭いを出さない為の靴の選び方とお手入れの方法

足が臭くなる原因が靴の中の汗と細菌だとわかっていても、靴を履かないで生活をする事は出来ません。

臭いを軽減させる靴の選び方とお手入れのポイントをあげておきます。

  • 内側が汗を吸う素材の靴を選ぶ
  • サイズが合う靴を選ぶ(注)
  • 何足かを交替で履き、靴を乾かす
  • 洗える靴はマメに洗う
  • 洗えない靴は干して乾燥させる
  • 中敷きを入れ、履かない時は乾燥させる
  • 仕事中はサンダルなどに履きかえる

(注)サイズが大きすぎる靴は足が緊張する為、汗をかきやすくなるので避けましょう。

靴の臭い対策で大切な事は、足の対策と同じ「清潔と乾燥」です。

足と靴に挟まれている靴下は、足の臭い対策の大事なポイント

足も靴も清潔と乾燥が大切と言うことがわかりました。この2つにはさまれている靴下の選び方、お手入れの仕方を紹介します。

  • 吸湿性の高い、綿やシルク・ウールの靴下を選ぶ
  • 抗菌対策された靴下を選ぶ
  • 5本指靴下を選ぶ
  • 洗濯の前に殺菌作用のある石鹸で靴下を洗う
  • 洗濯後は熱いお湯やアイロンで除菌する
  • 予備の靴下やストッキングを持ち歩き、臭いが気になったら履きかえる

このような点があげられます。

5本指靴下が足にいいのはわかっているけれど、見た目がちょっと・・と思う方もいると思います。また、ストッキングを履かなければならない職場もあると思います。

そんな方にお薦めしたいのは、見た目は普通の靴下で内側が5本指になっている靴下や、ストッキングに重ねられる足先の部分だけのインナーソックスです。

また、吸湿性の高いシルクのストッキングも売られています。

これらの品物は一般的な靴下よりは割高ですが、くり返し履けますし、なにより足の臭いが軽減するという利点があります。

足と靴を清潔で乾燥した状態にすれば臭いが気にならなくなるはずだ。

靴下選びは、機能と見た目のバランスが大事だな。

足が汗をかいて冷えることもあるらしいが、5本指靴下は冷え性対策にもなると聞いているぞ。

増えている女性の水虫!白癬菌を退治して足の臭いを解決しよう!

小まめに手入れをしても足が臭う場合、何らかの病気があるのかもしれません。

例えば白癬菌が足に感染すると足白癬(いわゆる水虫)になり、臭いが強まる可能性があります。水虫を治して足の臭いを解決する方法や予防する方法を見ていきましょう。

水虫の原因「白癬菌」ってどんなもの?増える原因は何?

白癬菌は真菌(カビ)の一種で、ケラチンを栄養源にしています。ケラチンは爪や髪、角質などに含まれているので、白癬菌は足だけでなく頭や股など体の他の部分にも感染します。

白癬菌が好む環境をあげておきます。

  • 温度は15度以上
  • 湿度は70%以上

この基準を超えると増殖が加速します。例えば靴の中です。

皮膚に付着した白癬菌が高温多湿の靴の中で増えた結果、水虫になるのです。

痒くないけど水虫なの?臭いがするのはどうして?

水虫が出来る場所は、足の裏や指の間、爪などです。

症状としては、指の間が湿ってジュクジュクする、水ぶくれが出来る、足の裏が厚くなる、爪の色が濁るなどがあげられ、必ずしも痒みがあるわけではありません。

靴の中は元々高温多湿で足の臭いがしやすい環境ですが、水虫になると白癬菌と戦う為のリンパ液などが分泌され、この分泌物がエサになって菌が増え、更に臭いが強くなります。

水虫って完治するの?市販薬を付けるだけじゃダメ?

「これって水虫?」と思っても自己判断で市販薬を使うのは止めて下さい。紛らわしい症状は他にもありますし、水虫ではない部位に水虫薬を使うと症状を悪化させてしまいます。

まずは皮膚科で水虫かどうかを診断してもらうことが必要です。診断は、皮膚や爪などを採取して、白癬菌がいるかどうかを確かめます。水虫の治療には外用薬と内服薬があり、症状や生活のリズムに合った薬を出してもらえます。

一度水虫になると何度もくり返すという方がいますが、症状が良くなったからといって完治する前に治療を止めてしまい再発するケースが多いです。医者から「完治した」と言われるまでは通院を続けましょう。

また、家族に水虫の方がいる場合、全員で治療をしないと水虫を移し合うことになるので、家庭内の協力も必要です。

水虫になりたくない!予防する方法を教えて!

足白癬(水虫)を防ぐ方法は、足の臭いを防ぐため方法と同じく、清潔と乾燥です。

冬になると、ロングブーツを履く姿を見かけるが、あれも水虫の原因の1つだ。

ファッションだから履くなとは言わないが、時々脱いで換気をすることが必要だな。

中に吸湿性の高い靴下を履くといいぞ。試してみてくれ。

汗かきとは違う「多汗症」、治療をしたら足の臭いは軽減するの?

人間は汗をかくことで体温を調節しています。体温調節と無関係に大量の汗をかく場合を「多汗症」と呼びます。多汗症で多くの汗をかいた時も、足や体の臭いが強くなります。

ここからは、多汗症とはどんな症状なのか、どんな対策があるのかを見ていきます。

多汗症と普通の汗かきはどう違うの?精神的なものなの?

通常の汗は、気温が高い時やスポーツ等で体温が上昇した時、緊張感する場面などに多くに出ます。

一方、多汗症の原因は交感神経の失調と言われています。多汗症には次のような特徴があります。

  • 季節や気温と無関係に汗が出る
  • 手に持ったものや歩いた後の床が濡れるほど汗をかく
  • 夜寝ている時は汗が止まる

このように、多汗症では日常生活に支障があるほどの汗が出ます。

多汗症にはどんな治療法があるの?

次に多汗症の治療法を見ていきましょう。

  • 外用薬(塩化アルミニウムを含む薬)
  • 内服薬(抗コリン薬など)
  • 汗を抑える注射薬(注1)
  • 手術(神経を切断する手術)
  • イオントフォレーシス(注2)
  • その他(レーザー治療など)

(注1)汗を抑える注射ボトックスは、筋肉や神経などの伝達をブロックする作用がある
(注2)弱い電流を流した水に手や足を浸す方法。水素イオンが細胞に作用して汗が作れなくなることを利用

多汗症の治療は、症状・治療法・日常生活に与える影響の大きさによって保険が適用されます。多汗症が改善して汗の量が減れば、足の臭いが軽減される事が期待できます。

暑い時や緊張した時に出る汗と多汗症は別なんだ。

周りの物や歩いた後の床を濡らす程の汗が出たら、生活にも随分響くと思うよ。

症状に合った治療法が見つかる事を祈ってるぜ。

原因は体の内側にあった!「内臓疾患」と足の臭いとの関係とは?

足の臭いには、糖尿病、肝臓疾患、腸内環境の悪化などの「内臓疾患」が関わっている場合があります。

体の内側の病気で、足や体の臭いが強くなるのは何故でしょうか?

糖尿病と足の臭いの関係とは

糖尿病で足が臭うまでには次のような流れがあります。

【糖尿病患者と足の臭いの関係】

糖尿病にかかると免疫力が低下する

水虫などの感染症にかかりやすくなる

白癬菌を退治するために体の免疫活動が活発になる

皮膚の再生が加速し、皮膚が剥け落ちる

やわらかくなった皮膚に雑菌が付く

雑菌が繁殖して足の臭いが強くなる

糖尿病による免疫力の低下が足の臭いにつながります。また、糖尿病で血流が悪くなると靴ずれを起こすことがあり、これも皮膚に細菌が繁殖し臭いが出る原因になります。

肝臓疾患、腸内環境の悪化で足が臭うのはどうして?

【肝臓疾患の場合】

肝臓の役割というとアルコールのことを思い浮かべる方が多いようですが、肝臓には栄養を貯蔵したり、タンパク質を合成したり、有害物質を解毒・分解する働きもあります。

肝臓の機能が低下すると体内の悪臭が分解されず、そのまま体外に出て体臭につながります。

【腸内環境の悪化の場合】

腸内環境が悪化しているということは、腸内の菌のバランスが崩れて悪玉菌が多くなっているということです。

腸内に悪玉菌が多くなると、分解された食物は悪臭を作ります。この悪臭は肝臓が正常に機能していれば分解されるのですが、肝臓の機能が低下している場合には分解しきれず、体臭が強くなります。

肝臓の機能低下や腸内環境が悪化している場合には、足だけでなく口臭や体全体が臭うことが多いです。

糖尿病と水虫、肝臓の機能と腸内環境は、足の臭いにつながります。これらの症状に心当たりがあったら放置せずに医師の診断を受けるようにしましょう。

体のどこかが痛い時は病院に来るが、血糖値が高くても病院に来ない奴が多いからな。

放置していた事は怒っても、血糖値が高い事を怒ることないぞ。

糖尿病が悪化すると足の切断や失明などにつながるから注意が必要だ。

足の臭いの原因になる病気には、それぞれに適した療法があった!

ここまで様々な足の臭いの原因を見てきました。

その1つは菌が汗を分解することによって出る臭いでした。靴の中に汗をかいて菌が増えると臭いが発生するので、足・靴・靴下の清潔と乾燥を心掛けることが大切でした。

また、水虫や多汗症、内臓疾患などの理由があって臭うケースも取り上げました。この場合、原因となる病気を治療することが大切です。

足の臭いを解決して、靴を脱ぐ場面で困らない、スッキリとした足を目指しましょう。

足の臭いについて、だいぶ詳しくなったような。

足は単純に臭い場合と、水虫・多汗症・内臓疾患などの理由がある場合がある。

でも、単純に臭い状態を長く続けていれば、水虫になる確率が上がるぞ。それに、糖尿病になっても水虫になる確率が上がるから気をつけろ。

清潔と乾燥を忘れないで、足先までいい女でいてくれよな。