> > 生理痛が酷い時に緩和する方法!あまりに酷い場合はこんな病気かも

生理痛が酷い時に緩和する方法!あまりに酷い場合はこんな病気かも

世の中いろいろな痛みがありますが、女性にとって一番なじみ深いものと言えば、腹痛ではないでしょうか。便秘による腹痛もよくあるけれど、生理痛も多くの女性が毎月悩まされている辛い症状です。

一口に生理痛と言っても、お腹や腰がだるい程度から、子宮がギューッと締め付けられるような痛みや、キリキリと刺すような痛みまで、人によって程度や痛み方も様々です。

このように誰にでも起こり得る生理痛ですが、あまりにも酷くて我慢できないほどならば、病気が隠れていることも考えられます。

ここでは、生理痛と似た症状を示す病気や酷い生理痛の原因になっている病気、その治療法などをご紹介していきます。毎月の生理を心配なく過ごすための参考にしてくださいね。

生理痛はなぜ起こる?まずはそのメカニズムを知っておこう

ひどい生理痛に潜む病気をご紹介する前に、まずは生理の仕組みや、なぜ生理痛が起こるのかといったメカニズムを知っておきましょう。

月経が来る仕組み

子宮と卵巣の構造

卵巣の中で徐々に成長した卵子が熟すと、月に1個ずつ放出されます。これを「排卵」といいます。排卵の時期になると、妊娠に備えて子宮の中の内膜が分厚くなります。

しかし、妊娠しなかった場合、いらなくなった内膜が血液とともに膣から排出されます。これが月経、いわゆる「生理」であり、このとき排出されるものを月経血(経血)といいます。

正常な生理周期は28日前後で、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが働いて、その周期をキープしています。個人差が大きいものの、おおよそ排卵から2週間くらいで生理が始まります。

生理痛はなぜ起こる?

生理痛は、痛みが起きる時期によって、以下の3つに分けることができます。

  • 排卵前後
  • 生理中前半
  • 生理中後半

時期によって、痛みが起きる原因や症状、痛み方も違ってきます。簡単にまとめると、このようになります。

時期 原因 症状
排卵前後 女性ホルモンバランスの急激な変化 排卵時のチクッとした痛み、頭痛、胃痛、イライラ
乳房の痛み、だるさ、むくみ
生理中前半 プロスタグランジン 子宮のキリキリとした痛み
冷え、下痢、だるさ、腰痛
生理中後半 うっ血 子宮の鈍痛
腰痛、冷え、むくみ、頭痛

このように、生理痛にはホルモンバランスなども関係していますが、最も感じる人が多い生理前半の痛みは「プロスタグランジン」という物質が大きな原因だと考えられています。

プロスタグランジンの「子宮の中の内膜や血液をしっかり体外に出そうとする働き」は必要なものです。しかし、体質的にプロスタグランジンが多い女性は、生理痛に悩まされることが多くなってしまいます。

生理痛は千差万別

生理痛と聞くと、一般的には腹痛を連想しますが、生理やそれに関わる女性ホルモンによって起こる痛みならば、腰痛や頭痛なども生理痛に含まれます。また、生理中にだけ生理痛が起こるわけではありません。排卵の時期にも腹痛を始めとする不快な症状が現れれば、それも生理痛の一種です。

排卵するときには卵巣から卵子が飛び出しますが、その時に痛みを感じる人もいます。基本的には排卵は毎月片方の卵巣から1個ずつで、左右の卵巣が月替わりで排卵することが多いようです。

そのため、どちらかの卵巣だけが敏感な女性の場合、敏感な方から排卵する月にだけ痛みがあるということもあります。

このように、生理痛の症状や程度は人それぞれですし、同じ人でもその時によって痛み方が変わることだってあります。

女性のカラダは、とっても複雑にできているんですね。

生理痛には腹痛以外にも腰痛や頭痛も含まれるし、生理直前や生理中だけじゃなく、排卵の時期の症状も生理痛と言えるんですね。生理周期はメンタル面にも影響を与えますし、女性の身体は本当にデリケートにできているのですね。

生理痛やPMSを和らげてくれるハーブティー

つらい生理痛や、生理前の体調不良にオススメなのが、「チェストベリー」という植物の実を含んだハーブティー。

チェストベリーは、昔から欧州では生理痛や婦人病を軽減する薬用植物として広く利用されています。

さらに近年では、臨床実験でホルモンバランスを整える効果が実証されました。

そんなチェストベリー配合のハーブティーの中でも人気なのが「ルナテア」

チェストベリーをはじめ、体を温めるジンジャーエキスやビタミンなど、あなたをサポートする嬉しい成分を配合。つらい生理痛の症状を内側から和らげてくれます。

痛み止めのお薬と違って、副作用を気にせずに美味しく飲める点が、女性たちに支持される秘密かもしれません。

このルナテア、今だけ30包980円(1杯33円)でお試しできます。この機会に試してみてはいかかですか?

酷い生理痛に悩まされているなら、月経困難症を疑ってみよう

生理痛はホルモンバランスやプロスタグランジンという体内物質、うっ血などによって起こるもので、誰にでも起こり得る症状です。ですから、生理痛がそれほど気にならない程度ならば、様子見で大丈夫です。

しかし、痛みや症状が酷いと、毎月とても憂鬱でつらいですよね。生理痛が酷いケースでは病気が隠れていることもあり、早めに病院へ行くことをおすすめします。

ひどい生理痛の原因としてどんな病気が考えられるのかご紹介します。

月経困難症とは

生理痛のせいで強い苦痛を感じていたり、仕事や学校を休まなければならないなど日常生活に支障が出るような場合、「月経困難症」と診断されます。
月経困難症の実態
ノーベルファーマ株式会社によると、このように多くの女性が月経困難症に困っているのです。

この月経困難症は、痛みや症状の元になる病気があるか無いかによって、2種類に分けられます。

  • 機能性月経困難症
  • 器質性月経困難症

子宮内膜症や子宮筋腫などといった痛みの元になる病気がある場合は、器質性月経困難症と呼ばれ、元の病気の治療が必要になります。これらの病気については、後の章で詳しくお伝えしていきます。

一方、子宮内膜症や子宮筋腫など、原因になる病気がないものの、強い生理痛を感じている場合には機能性月経困難症と呼びます。

機能性月経困難症の症状とは

元になる病気がないとはいえ、機能性月経困難症の症状は辛いものです。主な症状は以下の通りです。

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 腰痛

経血を身体の外へ出す働きによって腹痛が生じるので、特に生理の1~2日目に症状が強く出ます。

3日目以降は、楽になる女性が多いです。また、出産したり、年齢を重ねたりすると症状が軽くなっていくことも特徴のひとつです。

機能性月経困難症の症状は日常で誰もが経験し得るものですが、酷い場合は起き上がることさえ困難になります。そのような場合は我慢せず、病院へいって症状を和らげる治療を受けてください。

そもそも病院で検査や診察をしなければ、機能性月経困難症か、病気が潜んでいる器質性月経困難症かどうかもわかりません。そういった意味でも、酷い生理痛に悩まされている女性は、一度は婦人科の門を叩いてみましょう。

機能性月経困難症の2つの治療法

機能性月経困難症の治療法には、以下のようなものがあります。

  • 鎮痛剤や漢方などによる薬物治療
  • カウンセリングなどの心理療法

原因なる病気がなくても、生活に支障をきたすような酷い生理痛には「機能性月経困難症」という、れっきとした病名がついています。我慢する必要はまったくないし、漢方などの優しい薬で治療することもできますので、生理痛が辛いという女性はぜひ婦人科で診てもらいましょう。

酷い生理痛や生理前のイライラをハーブサプリで和らげよう

機能性月経困難症は病院で薬物療法や心理療法を受けることができますが、生理痛を緩和するために自分でできる工夫もあります。

冷えによって下痢や腹痛が引き起こされることもあるため、お風呂やカイロ、暖かい飲み物などでお腹を内外から温めたり、ストレッチをして血流をよくすることで、症状が軽くなることもあります。

また、生理直前や生理中だけじゃなく、排卵の時期の症状も生理痛と言えるとお伝えしました。

実際、排卵から生理前にかけて、イライラしたり、体がだるく感じたり、強い眠気を感じたりする人も多いと思います。それはホルモンバランスの変化によっておこるPMS(月経前症候群)です。

そんなPMSを解消するために最近人気が高まっているのが、ハーブを配合したサプリ。生理痛や生理前のだるさや気分の落ち込みを楽にしてくれると評判なんです。

120日間全額保証の「ルナベリー」

ルナベリーはPMSを改善してくれると人気のサプリで、チェストツリーというハーブの果実から取り出した「チェストベリー」を配合しています。
ルナベリー

チェストベリーは昔からPMSに悩む女性に愛用されてきたハーブで、研究でもPMSに対する効果があることがわかっています。

チェストベリーを配合しているサプリは他にもありますが、ルナベリーを試してみる女性が多いのは、120日間返金保証があるからです。

約4か月間という長期間試せて、効果がなければ全額返金してもらえるので、PMS緩和サプリを初めて飲む人も安心ですよね。

お値段は1ヶ月分4,400円(トクトクコースなら初回500円、2~4回目は10%割引)と少し高めですが、効果を実感している人も多く、おすすめです。

特別モニターなら格安で始められる「ムーンラック」

ムーンラックもチェストベリーを配合しているサプリメントです。
ムーンラック

ムーンラックのほかにカチプファティマ、ペパーミント、トウキ、キバナオウギ、ケイヒ、テアニン、鉄不足解消のためのクエン酸第一ナトリウムも含まれています。

カチプファティマというのは聞きなれない名前ですが、マレーシアやインドネシアの熱帯雨林に生えている植物です。現地では昔から月経困難症などの民間療法に使われています。

お値段は1ヶ月分4,500円と、ルナベリーと同様に少し高めです。

ただし毎月先着300人限定の特別モニターコース(定期購入)だと、初回1ヶ月分が980円で購入でき、2回目以降は33%割引とかなり安くなります。

10日間の返金保証制度もあります。

チェストベリーはホルモンに影響を与えるので、妊娠中はもちろん、授乳中も摂ることができません。経口避妊薬(ピル)服用中など、他に常用している薬がある場合は、摂取してもよいか必ずかかりつけ医に相談してください。

以前よりも生理痛が酷くなってきたなら、子宮内膜症かも!

ここからは、病気が原因で酷い生理痛が起こる、器質性月経困難症について説明します。

まずは、器質性月経困難症の大きな原因でもある、子宮内膜症について見ていきましょう。

子宮内膜症ってどんな病気?

子宮内膜症の発症しやすい部位
通常、子宮内膜は子宮の中にしかありません。ところが、卵巣・腹膜・ダグラス窩など、子宮以外の場所に内膜ができてしまい、痛みや炎症などの症状を引き起こすのが、子宮内膜症です。

なぜ子宮以外のところに内膜が出来てしまうのか、その原因はまだ分かっていません。排出されるはずだった経血が卵管を逆流してしまうためというのが有力な説です。

子宮内膜症の主な症状

次のような症状があったら、子宮内膜症の疑いがあります。

  • 生理痛が以前よりひどくなってきている
  • 経血がとても多い
  • 生理以外の時期でも下腹部が痛い・重い
  • 性交痛
  • 排便痛
  • 不妊

ただし、子宮内膜症は症状の強さと進行の度合いにあまり関連がないと言われています。自覚症状がまったくないケースも、珍しくはありません。

子宮内膜症は良性のものなので、特に困った症状がないのであれば、治療は必要ありません。しかし、まれに悪性化することもあるので、治療はしなくても定期的な検診は受けるようにしましょう。

子宮内膜症の治療法

経過観察で済むことも多い子宮内膜症ですが、もちろん症状や進行度合いによっては治療が必要になることもあります。

主な治療法としては、このようなものがあります。

薬物治療 鎮痛剤
偽妊娠療法(低用量ピル)
偽閉経療法(ダナゾール・GnRHアゴニスト)
ホルモン療法
手術療法 開腹手術
腹腔鏡手術

それぞれの治療法について、順にご説明します。

子宮内膜症の薬物療法

軽い生理痛程度の症状であれば、生理のときだけ鎮痛剤を飲むという対症療法で済みます。しかし、症状が強い場合は次のステップに進みます。

子宮内膜症は生理のときに症状が強まるため、低用量ピルやGnRHアゴニストなどという薬によって、妊娠や閉経の時のような、生理が来ない状態を体内に作り出すという治療法です。

ダナゾールは4ヵ月飲み続ける治療薬で、男性ホルモンの薬なので、ニキビや体重増加という副作用があります。

GnRHアゴニストは6か月飲み続けるタイプですが、頭痛、のぼせ、発汗といった更年期症状と同じような副作用が現れることがあります。

そして、この2種類の薬よりも新しい治療法が、ホルモン療法です。上記の2つは薬をやめると症状が再発するのがネックですが、ホルモン薬だと内膜症自体に効果があることや、更年期のような副作用が少ないことが、大きなメリットです。

子宮内膜症の手術療法

子宮内膜症の手術には、開腹するものと腹腔鏡で行うものとがあります。

「妊娠したいという希望がない」、「完全に確実に治したい」というようなケースでは、開腹手術をして子宮と卵巣を摘出します。

腹腔鏡手術では、お腹に小さな穴をあけて、腹腔鏡を入れてお腹の中を見ながら、器具で病巣部を切り取ります。傷痕が小さく、身体的な負担も軽く済みます。

どの治療法を選ぶかは、妊娠の希望やライフスタイル、閉経までのおよその年数などによっても違ってきます。医師とよく相談して決めることが大切です。

子宮内膜症の女性が妊娠できる可能性は?

子宮内膜症の症状として「不妊」がありましたが、内膜症が妊娠にも影響するのか、気になる方もいますよね。確かに、影響がないとは言い切れません。

でも、内膜症を抱えながら、妊娠して出産している女性がたくさんいるのも、事実です。

今のところ、子宮内膜症を持っている女性のうち、およそ50%が不妊であると言われています。つまり、半数の女性は内膜症があっても妊娠できたということですね。

とはいえ、もう片方の半数の女性は、不妊症になってしまっているわけですから、仮に症状がないにしても内膜症を放置しない方が良いのは明らかですね。

手術で子宮を摘出してしまえば、当然妊娠はできなくなります。そうなってしまう前に適切に対処しましょう。

生理痛が前よりひどくなってきたり、経血量が増えたりというようなことがあったら、子宮内膜症の疑いがあります。子宮内膜症があっても妊娠の可能性はありますが、不妊の原因になることもあります。症状に思い当たることがある方は、放置しないで婦人科へ行ってみましょう!

子宮内膜症より重い生理痛に!不妊の原因にもなる子宮腺筋症とは

子宮腺筋症という病名を聞いたことがありますか?子宮内膜症にくらべると、やや聞き慣れない名前ですよね。

実はこの病気も、重い生理痛を引き起こします。

子宮腺筋症とはどんな病気?

子宮腺筋症になるメカニズムは、子宮内膜症と同じです。そのため、元々は内膜症の一種とされていました。しかし今では独立した病名になっており、内膜症と腺筋症との違いがはっきりしています。

つまり、本来の場所ではないところにできてしまった子宮内膜が、子宮の筋肉の中にまで入り込んでしまったものを子宮腺筋症と呼ぶのです。

この病気は徐々にではあっても悪化していき、進行してしまうと手術を避けられないことにもなり得るため、出来るだけ早く病院へ行くことが肝心です。

子宮腺筋症の症状

では、どんな症状が現れたら病院へ行ったらいいでしょうか。主な症状は以下の通りです。

  • 生理痛が以前よりひどくなってきている
  • 経血がとても多い
  • 貧血
  • 生理以外の時期でも下腹部が痛い・重い
  • 性交痛
  • 排便痛
  • 不妊

症状としては、子宮内膜症とほぼ共通していますが、生理痛がより酷く、経血の量もより多いケースがほとんどです。このような症状が見られたら、病院へ行ってみることをおすすめします。

子宮腺筋症の治療法

この病気も薬物治療や手術療法で治していきます。

子宮内膜症と同様に、症状が軽ければ鎮痛剤での対症療法となります。もう少し進行すると、薬によるホルモン療法を行います。

さらに進行して症状が重い場合は、手術が必要になってきます。内膜症と違って、子宮腺筋症の場合は、病巣が子宮の筋肉に入り込んでいて、かつ全体に広がっていることが多いため、健康な部分だけを残すことが難しく、子宮を全部摘出する手術が一番効果的です。

症状の程度や出産の希望などを考慮して治療法を決めるわけですが、初期であればあるほど、治療の選択肢が増えますし、金銭的にも身体的にも負担の少ない方法が選べます。放っておいて治る病気ではないので、出来るだけ早く病院へ行きましょう。

子宮内膜症でできる内膜が、子宮の筋肉にまで入り込んでしまうものが、子宮腺筋症です。内膜症よりもさらに酷い生理痛や経血過多があったら、腺筋症のおそれがあります。初期なら薬を飲むだけで治療できるケースも多いので、やはり早めの受診が大切ですね。

良性なら経過観察でOK!多くの女性が抱える子宮筋腫ってナニ?

子宮筋腫も生理痛や経血過多の原因になります。

子宮の病気のうち、一番馴染みのあるものがこの子宮筋腫ではないでしょうか。お母さんやご自身が「子宮筋腫がある」と言われた経験のある女性も、少なくないはず。

でも、よく聞くわりには知らないことも多いですよね。子宮筋腫がどんな病気なのか、詳しく見ていきましょう。

子宮筋腫とは?

筋腫というのは、コブのようなもののこと。つまり子宮筋腫とは、子宮にできるコブのことです。

多くの女性の子宮に筋腫があり、自覚症状が無いケースも含めれば、4人に1人が筋腫持ちだと言われています。

子宮筋腫は良性なので、子宮筋腫があるというだけで恐れるようなものではありません。

子宮筋腫は、筋腫ができる部位によって3種類に分けられます。

  • 粘膜下筋腫
  • 筋層内筋腫
  • 漿膜化(しょうまくか)筋腫

いくつも筋腫が出来ることも珍しくなく、大きな筋腫では10キロを超えるほどにまで巨大化することもあります。

子宮に筋腫ができる原因は、今のところ不明です。ただ、学童期までの女の子や閉経後の女性には見られないことから、女性ホルモンが関係していることは確かなようです。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の主な症状は、このようなものです。

  • 生理痛
  • 経血の量が増える
  • 不正出血
  • 貧血
  • 腰痛
  • 頻尿

筋腫ができている場所や大きさによって、症状には大きな違いがあります。一般的に子宮の内側にできると症状が現れやすく、経血量が多くなります。

子宮筋腫の治療法

症状があまりなく、筋腫の状態も悪くなければ、経過観察だけでも大丈夫です。ただし、その場合も1年に1回は検診を受けるようにしましょう。

痛みや貧血などの症状がちょっと気になるというケースでは、それぞれの症状に応じた薬を飲む治療をします。それだけでは対処し切れなくなってきたら、偽閉経療法やホルモン剤を飲む治療をします。

しかし、筋腫が握りこぶし大よりも大きくなった場合、また、小さくても症状が強い場合などには、やはり手術を薦められることが多いようです。

手術法は内膜症などと同様、開腹手術と腹腔鏡手術とがあります。

子宮筋腫は良性だけど油断大敵!

子宮筋腫は多くの女性が持っているもので、良性であることをお話しました。でも、だからといって油断しすぎてはいけません。

子宮の外側にできる漿膜下筋腫では、筋腫の茎の部分がねじれる「筋腫捻転」が起こることがあります。こうなると激しい痛みに襲われ、緊急手術が必要になってしまいます。

さらに、こんな事例もあります。

出血性ショックを起こせば、命が危険にさらされることもあります。良性の筋腫でも酷くなれば怖いこともありますので、上記の症状が見られるなら、婦人科へ行って診てもらうことをオススメします。

子宮筋腫は妊娠・不妊に影響するの?

子宮筋腫があっても妊娠することは可能です。妊娠してから妊婦健診で初めて筋腫が見つかったというのも、よくある話。

その場合、帝王切開になるケースも多いですが、筋腫の部位や大きさによっては、自然分娩も可能です。

しかし、筋腫が不妊の原因になるということもあります。筋腫以外に特に原因がないのに自然妊娠しないという人が、筋腫を取る手術をしたら妊娠できたということも、よくあります。

筋腫があるけど赤ちゃんが欲しいと考えている女性は、医師とよく相談してください。

子宮筋腫は良性の腫瘍なので心配しすぎる必要はないし、気づいていない人も含めて多くの女性は筋腫を抱えています。ただし、筋腫の部位によってはねじれを起こしてしまう等、怖いことになるケースもあるので気を付けましょう。経過観察でOKという場合も、年1回、忘れずに検診を受けてくださいね。

すぐに治療すべき!うずくような下腹部痛は骨盤内感染症かも!

生理痛と同じような症状がある病気を、もうひとつご紹介します。

その名は「骨盤内感染症(骨盤炎症性疾患)」で、決して放置してはならないものです。どんな病気なのか見ていきましょう。

骨盤内感染症とは?

子宮などを始めとする女性器とその周辺にある腹膜など、骨盤内の臓器や組織に起きる感染症を総称して、骨盤内感染症と呼びます。感染症ですから、以下のような菌に感染することが原因です。

  • 淋菌
  • 大腸菌
  • クラミジア菌

性交渉により感染したこれらの菌が、膣内で炎症を起こし、それが上の方にまで広がってしまうと、骨盤内感染症となるのです。

どんな症状が出るの?

骨盤内感染症の症状には、以下のようなものがあります。

  • 生理の終わり頃から終わった後2~3日頃の下腹部痛
  • 不正出血
  • 悪臭のあるおりもの
  • 発熱

下腹部痛があるのは生理痛と同じですが、特徴的なのは生理の終わり頃にうずくような痛みが出ることです。感染症がひどくなればなるほど、痛みも強くなっていきます。

感染が腹膜にまで広がって腹膜炎になってしまうと、生理ではなくても激しい痛みがあらわれることもあります。

そして、骨盤内感染症に罹ったことがある女性は、子宮外妊娠のリスクが高まります。

子宮外妊娠は、子宮以外のどこかに受精卵が着床してしまうもので、そのほとんどが卵管内です。子宮外妊娠になってしまうと、その妊娠は継続できません。

骨盤内感染症は予防できる!

骨盤内感染症の原因は菌に感染することで、性交によって感染して発症するケースが多いです。10代前半の女子や閉経後の女性には、この病気は非常に少なく、性交しなければ完全に予防できます。

しかし、赤ちゃんを授かるため、また、パートナーと豊かな関係を築くためにも、性交しないというわけにもいきません。その場合は、これらの方法で予防することができます。

  • 妊娠を希望しない時はコンドームを使う
  • パートナーをお互いに一人だけにする

骨盤内感染症の治療法は?

それでも骨盤内感染症かな?と思ったら、すぐに婦人科に行きましょう。検査で骨盤内感染症だと診断されたら、必ず治療を受けて下さい。ほとんどの場合、抗生物質の薬を飲むことで治すことができます。

治療しないと不妊や子宮外妊娠の原因になるだけでなく、性交渉によってパートナーにうつしてしまいます。骨盤内感染症だとわかったら、必ずパートナーにも病院に行ってもらい、一緒に治療しましょう。

性感染症から引き起こされる骨盤内感染症でも、下腹部痛など生理痛のような症状が起きます。ただし骨盤内感染症はコンドームなどによって予防できるので、ぜひパートナーと話し合って予防に努めたいですね。

たかが生理痛とあなどらないで!辛いなら病院へ行ってみよう

女性にとってはお馴染みの生理痛。原因になる病気がない機能性月経困難症なら自分で痛みを和らげる工夫もできますが、痛みが激しかったり、生理の出血が多くなったりする場合は、子宮に何らかの変化が起こっていると考えられます。

生理痛に病気が潜んでいる場合、放置すると悪化することがあります。子宮内膜症や子宮筋腫のうち軽度のものなら、経過観察や簡単な治療だけで大丈夫なので、勇気を出して病院へ行ってみてください。

特に、将来赤ちゃんがほしいと思っている女性は、生理痛を引き起こしている病気が不妊の原因になることもあるため、少しでも早い診断・治療が未来の幸せにもつながります。

生理痛で病院に行くのはおかしなことではありません。無理せず自分をいたわってあげてくださいね。