> > 体臭はオジサンだけじゃない!女性の身体が臭う時はこれに注意!

体臭はオジサンだけじゃない!女性の身体が臭う時はこれに注意!

「体臭」と聞くと、一番に連想するのは、やはり中年男性特有の加齢臭ですよね。でも、女性にだって体臭はあるんです。

特に女性にとっては、自分の身体のニオイって気になりますよね。「もしかして周りの人に臭いを感じ取られていたらどうしよう」って考えると、とっても不安になってしまいます。

でも、ただ周囲に臭いと思われるだけでなく、その体臭の元には病気が隠れていることもあり得るんです。そうだとすれば、病気を治すことで体臭も改善します。

そこで今回は、女性の体臭にはどんな原因があるのか、どんな対策を取るべきかなど、詳しくご説明していきます。

実は女性にワキガが多いってホント!?自分でできるニオイ対策とは?

独特の悪臭が気になるワキガですが、実は男性よりも女性に多いという話もあります。いったいなぜなのでしょうか。

原因と対策方法を一緒に見ていきましょう。

女性がワキガになりやすい理由

一般的に、男性よりも女性の方がニオイに対して敏感ですよね。その分、ワキガを気にする女性も多いということも、男性よりも女性の方にワキガが多いと言われている理由のひとつかもしれません。

しかし、他にも

  • 皮下脂肪の厚さ
  • スイーツなどの嗜好品の摂取量

などの条件で、女性の方がワキガ臭を発生しやすいと考えられています。

とはいえ、多くの女性は脇の毛を処理していますし、清潔を心がける傾向があります。なので、ワキガ体質の女性の数は、実際にニオイを周囲に振りまいている人数には、直結しないと思われます。

ワキガの原因とは

ワキガの原因は、アポクリン腺とエクリン腺という汗腺です。
アポクリン腺とエクリン腺という汗腺
脇の下にもあるこれらの汗腺から汗が出て、そこに常在菌が繁殖することで、あの刺激臭が発生します。

これらの汗腺は誰にでもありますが、その数が多いとワキガ臭が発生しやすいと言われています。

それ以外にも、

  • 遺伝
  • 食生活
  • ストレス
  • 脇の下の不衛生さ

などが、ワキガを悪化させる要因です。中でも遺伝要因は大きく、両親の両方がワキガだと80%、片方だと50%程度の確率で遺伝すると言われています。

しかし、両親がワキガではなくても、食生活やストレスなどで脇が臭うことはじゅうぶんあり得ます。

すそワキガにも注意!

すそワキガとは、デリケートゾーンのワキガのことです。すそワキガの原因も、脇の下のワキガと同様にアポクリン腺なので、通常のワキガの方はすそワキガでもある可能性もあるのです。

  • パートナーに臭いを指摘されたことがある
  • 下着が汗で湿る
  • 下着に黄色いシミがつく

これらに思い当たる点がある方は、すそワキガかもしれません。脇だけでなくデリケートゾーンまで臭っているとなると、ショックを受ける女性も多いですが、治療や対策もありますので次節以降もご参考にしてくださいね。

自分でできるワキガ対策

「病院へ行くのはちょっと恥ずかしい」という女性には、自宅でできるセルフケアも有効です。

一番大切なのは、清潔を保つこと。汗をかいたらすぐに拭くなどして、汗で細菌が繁殖するのを抑えましょう。すそワキガなら、こまめに下着を交換しましょう。これだけでも、かなりニオイは軽減できます。

市販の制汗剤や汗ふきシートも、効果は一時的とはいえ、ワキガ対策としては有効です。外出先などですぐシャワーができないときにサッと汗を拭けるので、ニオイの元となる細菌を減らせます。

それらのデオドラント製品の使用だけでは不安だという方は、臭い自体を抑える効果のあるワキガ専用クリームがとても効果的です。

こちらのクリアネオは、殺菌&制汗のW有効成分で汗やにおいを元から防ぐことができます。脇だけでなく、全身どこでも使えるところがクリアネオの人気の理由です。

クリアネオのクリーム

若いうちからのワキガは、更年期が過ぎるとほとんどの女性が、自然に治るもの。それまではこのようなセルフケアで乗り切るのも、有効な手段だと言えますね。

病院でのワキガの治療法

ワキガ治療というと、手術による方法があることが知られていますよね。手術が行われるのは主に脇の下のワキガです。以下に、現在美容外科などで行われているワキガ手術について、簡単にご紹介します。

手術法 内容
せん除法 アポクリン腺を完全に取り除く方法
重度のワキガも100%治る
皮下組織削除法 皮膚をアポクリン腺ごと切り取る方法
治りきらない可能性も高い
吸引法 1ミリ未満の切開部分から
アポクリン腺などを吸引する方法
超音波吸引法 吸引法に超音波を組み合わせた方法
軽度~中度の人向け

このような手術の他にも、薬やレーザーによる治療もあります。

一般的な薬物治療は、塩化アルミニウム液を脇に塗る外用薬です。また、汗を抑える内服薬や、緊張からくる多汗を防ぐためにメンタル系の内服薬が出ることもあります。

すそワキガの場合は、塗り薬や注射、レーザー治療が行われます。

女性にワキガが多くて、さらに脇の下だけでなくデリケートゾーンからの「すそワキガ」もあるというのは衝撃的かもしれませんが、大人の女性の多くはきちんとケアしているおかげで、それほど強くは臭っていないはずです。

清潔を心がけるだけで、ずいぶんニオイは軽減できます。今はニオイ対策グッズも充実していますから、ぜひ活用してみてくださいね。

衝撃!?女性にも加齢臭があった!その原因は酸化した皮脂!

加齢臭といえば、オジサンの臭いの代名詞ですが、実は女性にも加齢臭があるってご存知でしたか?ちょっとショックな事実ですが、女性の加齢臭とはどんなものなのか、見ていきましょう。

女性の加齢臭とは

一般的には、男性よりも女性の方が、女性ホルモンの影響で加齢臭がしにくいと言われています。したがって、「加齢臭=オジサン」という連想は、あながち間違いではないわけですね。

ただし年齢を重ねると、女性ホルモンの分泌が減るなどのホルモンバランスの変化によって、女性にも加齢臭が発生することがあるんです。

そんな加齢臭の原因は「ノネナール」という物質。身体の中の活性酸素が脂質と結びついてできる過酸化脂質と、パルミトオレイン酸という脂肪酸が合わさることで、ノネナールが発生します。

加齢臭はどこからするの?

女性の加齢臭は、「チーズのようなニオイ」とか「蝋のようなニオイ」などと表現されることもあり、やはり脂のにおいの一種と言えますね。

このように、酸化した皮脂が原因となっているため、やはり皮脂腺が多いところから臭いやすいことが分かっています。

  • 耳の後ろ
  • Tゾーン
  • 頭皮
  • 胸元
  • 背中

具体的には、これらの部位からニオイがしやすいんです。

自分では気づきにくいですが、上半身に集中しているので、電車の中や立ち話をしているときなんかに、周囲の人には気づかれやすいと言えますね。それを思うと、やはり対策は必要なようです。

どんな対策があるの?

では、女性の加齢臭対策として、どんな方法があるでしょうか。

  • 抗酸化作用の高い食品を食べる
  • 加齢臭が出やすい部位の清潔を保つ
  • 生活習慣に気を配る

まずは食事が大切です。加齢臭を抑える食品は、やはり「若返り効果」とも呼ばれる抗酸化作用の高いものです。具体的には、最初の章でご紹介した体臭を防ぐ食材と共通しますので、それを参考に毎日の献立を決めると良いですね。

また、加齢臭が出やすい部分をしっかり清潔に洗うことも、大切です。固形石鹸だと洗い残し(これまたニオイの原因になります)が少なくなるので、オススメです。デオドランド機能のあるボディソープなどもあるので、利用してみても良さそうです。

そして、飲酒や喫煙を控える、ストレスをためず規則正しい生活を送るなどの基本的なことも、とても大事です。

女性にも加齢臭があって、しかも男性の加齢臭と同じメカニズムだということに、驚いた方も多いのではないでしょうか。

早い人は30代から加齢臭が出始めるようなので、生活が不規則だったりストレスが溜まっていたりする人は、それくらいの年齢から抗酸化作用の高い食べ物を摂るなど、意識的にケアし始めるとよいですね。

更年期障害も体臭の原因に!自律神経を整えてニオイを撃退!

女性の場合、更年期障害によっても体臭が現れることがあります。更年期の体臭は、臭い始める時期が加齢臭と共通していることから、紛らわしくてはっきりと分けるのが難しい部分もあります。

しかし、加齢臭の原因が酸化した脂肪酸なのに対して、更年期障害による体臭は「汗」が原因です。

更年期障害による体臭

更年期障害の主な症状に、「多汗」や「のぼせ」と呼ばれるものがあります。これは、自律神経の乱れによって、汗腺の調節機能も乱れてしまい、その結果、のぼせを感じたり、汗が一気にドバっと出たりしてしまうものです。

こうして一度に大量に汗をかくことによって、汗に雑菌が繁殖しやすくなり、悪臭を発するというメカニズムです。

しかも、更年期の発汗は、運動などによるサラッとした汗と違って、不純物を多く含むベタベタした汗であることが特徴です。不純物が多ければ、その分雑菌も多くなるため、不快な体臭と化してしまうのです。

更年期の体臭への対策

更年期障害による体臭の元は、更年期症状の汗によるものでした。ということは、更年期障害の症状がなくなれば、体臭も消えると言えますね。

更年期と言われる時期が過ぎて、症状が自然に落ち着けば、体臭もなくなっていきます。でも、それまでの時間が辛いということなら、もう少し積極的な治療を考えても良いですね。

婦人科などで行う専門的な治療法としては、漢方やホルモン療法などがあります。これらの治療で自律神経の働きが整えば、発汗も少なくなり体臭も軽減します。

体臭だけでなく、更年期症状が気になる方も、一度受診してみることをおすすめします。

更年期の体臭も、加齢臭と同じくらいの年代から臭い始めるため、ちょっと紛らわしいですが、原因は別ものというわけですね。

体臭以外にも、多汗やほてりなどの症状があれば、更年期による体臭の可能性が高そうです。それでも迷う方は、婦人科へ相談に行ってみるとよいですね。

食べ物が身体のニオイを作る!体臭を強くする食品と軽減する食品

食べ物と体臭は、とても密接な関係にあります。

韓国人はキムチのようなにおいがするし、インド人はスパイスのような体臭があると感じたことがある方もいるのではないでしょうか。私たちには分かりませんが、外国人は日本人が醤油や魚のようなにおいがすると感じるようです。

このように、普段食べているもののにおいが、身体のにおいを作っているわけですね。

臭いを生み出す食生活

一般的に体臭を発生しやすいと言われている食べ物には、こんなものが挙げられます。

  • 肉類
  • ジャンクフード
  • チーズなどの乳製品

肉類は消化に時間がかかるため、体内に吸収される前にアンモニアなどの悪臭の原因となる物質が発生してしまいます。それが血流にのって表皮まで送られると、汗とともに体臭となって出てしまうというわけです。

また、ファストフードやカップラーメン、スナック菓子などのジャンクフードには、添加物がいっぱい!添加物は消化しにくいことや、身体を錆びつかせる活性酸素を作ってしまうため、体臭の原因になってしまいます。

また、意外なところではチーズやバターといった乳製品も、体臭の元となるんです。これらに含まれる脂肪分は腸の絨毛の隙間に詰まりやすく、腐敗しやすいと言われています。この腸の汚れや腐敗が、臭いを招くのです。

体臭を軽減する食べ物

それでは、逆に体臭を軽くしてくれる食べ物には、どんなものがあるでしょうか。

  • レモン、梅干しなどの酸っぱいもの
  • 豆類・野菜・きのこ類
  • フルーツ
  • 海藻
  • ごま

いかにも身体に良さそうなものばかりです。健康に良いということは、体臭にも良いんですね。

食生活でアンモニア臭や活性酸素を抑制!

レモンや梅干しなど酸っぱいものには、クエン酸が豊富です。クエン酸は肉類などのたんぱく質を分解する働きがあるため、汗とともに出るアンモニア臭などを消してくれます。

また、豆類・野菜・フルーツ・海藻などは、アルカリ性の食品です。酸性の食べものが持つニオイの原因を、アルカリが中和してくれます。さらに、これらの食材は食物繊維も豊富です。食物繊維は腸内をきれいにしてくれる働きがあるため、腸の汚れによる体臭を消す効果が期待できます。

野菜やフルーツ、ごまには、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEもたっぷり含まれています。

これらの成分は、体内の活性酸素を抑制する効果があるため、活性酸素による体臭を予防してくれます。

お肉など体臭の元となるものを食べる時は、消臭作用のある上記の食べ物も一緒に摂るようにすると良いですね。

身体の臭いは食べたもののニオイというのは、分かりやすいですね。

匂いの強いものはもちろん、肉やジャンクフードなどのアンモニア臭や活性酸素の原因になるものを食べすぎるのは体臭に繋がってしまうこと、逆に抗酸化作用のある野菜や果物は体臭を抑えることは、ぜひ覚えておきたいですね。

普段の生活がニオイの原因!?こんな習慣に気を付けてニオイ対策を!

女性の体臭の中には、普段の何気ない生活習慣が元となっているケースも多いんです。では、どんな生活習慣がニオイの原因になっているのか、見ていきましょう。

ダイエット

食生活とも重なる部分が大きいですが、ダイエットによる偏った食事も体臭を生み出します。不適切な食事制限でダイエットを続けると、甘酸っぱいような独特なニオイが身体から出てくることがあります。

ダイエットで代謝能力が低下して、燃焼され切らなかった脂肪酸がニオイ物質に変化してしまうというわけです。

過度な食事制限はやめて、運動で代謝を上げながらダイエットを続けるようにすると、体臭の発生を抑えられます。

飲酒・喫煙

喫煙の習慣がある人は、タバコを吸っていない時でもタバコ臭いですよね。

副流煙が髪や服に付いてそれがタバコのニオイを振りまくのはもちろん、体内に摂りこまれたニコチンが血流を通して全身をめぐり、毛穴から排出されることでも体臭につながります。これは、もちろん禁煙すれば改善します。

また、飲酒もニオイの原因のひとつです。アルコールを体内で分解するときに生まれるアセトアルデヒドや酢酸は、アルコール臭の元となります。これらをしっかり分解して排泄物として体外に出せれば良いのですが、そうでないと翌日も口臭や体臭として残ってしまいます。

つまり、お酒に弱い人の方が、アルコールによる体臭を発生しやすいということです。お酒があまり強くない人は、健康のためにも体臭のためにも、アルコールは控えめにするのがベストですね。

ストレス

意外なことに、ストレスによっても体臭が増加するんです。

ストレスが溜まると、体内に男性ホルモンやアドレナリンなどのホルモンが増加します。これらのホルモンによって、皮脂の分泌量も増えてしまいます。すると皮脂腺が詰まり、体内に活性酸素が発生しやすくなってしまいます。

食生活のところでも触れましたが、この活性酸素というものが、体臭の大きな原因のひとつなんです。

ストレスの発散方法は人によって異なりますから、自分なりのストレス解消法を見つけていきましょう。

貧血

驚くことに、貧血になると酸っぱいような体臭がすることがあります。その元となるのが、乳酸という物質。

貧血になると体内の酸素やエネルギーが不足します。そのため、足りない酸素を補おうとして、解糖系という部分が働きます。解糖系は、全身にエネルギー補給をしてくれる反面、乳酸をたくさん発生させてしまうのです。

乳酸が増えると、同時にアンモニアも増えてしまいます。これらは、どちらも酸っぱいにおいを持つものです。そのために、貧血が酸っぱい体臭を引き起こすのですね。

貧血は体臭だけではなく、様々な困った症状を引き起こします。レバーやごまなど鉄分豊富な食材を摂ることでも改善しますが、ひどい貧血の場合はぜひ病院へ行きましょう。

生理中のデリケートゾーン

女性なら誰もが経験しているであろう、生理中の嫌なニオイ。これは、経血が空気に触れて酸化することや、雑菌が繁殖することが原因になって起こります。

タンポンを使えば、経血が空気や雑菌に触れることが少ないため、ニオイも少なくなります。タンポンに抵抗がある方は、消臭機能付きのナプキンもありますので、試してみてはいかがでしょう?

キレイになるためにやっているダイエットが体臭を引き起こすなんて、ちょっと残念ですが、運動を取りいれたダイエット法を選ぶことでニオイは防げるんですね。

その他にも貧血やストレスなど、意外なものが体臭の原因になるということは、知っておいた方が良さそうです。健康が体臭のない身体を作るとも言えそうですね。

糖尿病の方は特に注意!足切断の危険もあるコワイ足壊疽とは?

最後にお話するのは、これまでご紹介してきた体臭とは、ちょっと毛色が異なります。その病名は「足壊疽」。いったい、どんなものなのでしょう?

足壊疽とは

足壊疽とは、読んで字のごとく、足が壊疽を起こしている状態です。

主に糖尿病の二次障害として起こりますが、中には糖尿病ではない人が、外傷などをきっかけにして足壊疽を起こすこともあり、誰もが無関係というわけではありません。

足壊疽の症状

足壊疽の症状は、主に以下のようなものです。

  • 感染した部位が赤黒くなる
  • 膿が出る
  • 悪臭

このような症状が出ますが、いつの間にか進行し、感染した当初は自覚症状がないこともよくあります。

糖尿病がある人はもちろんですが、血流が悪い人はささいな傷や低温やけどが足壊疽のきっかけになることもあるため、注意が必要です。

足壊疽の治療法

足壊疽の治療は、進行の度合いによって大きく違います。重症になると、切断せざるを得ないこともあります。

そうなる以前の治療法としては、

方法 内容
洗浄 洗浄液による消毒
バルーン療法 血管をバルーンで拡げる
バイパス治療 新しい血管を移植する
薬物治療 抗生物質・血流改善の内服薬や外用薬

このようなものがあります。

いずれにしても、足に傷を作らないことが、足壊疽の予防法です。特に糖尿病の方は、靴擦れからも細菌感染するため、靴にも気を配ることが大切です。

足壊疽は足からの悪臭も症状のひとつで、それももちろん嫌なものですが、足を失うことにもつながるなど、臭い以上に重大な症状のあるとても怖い病気です。

最大の予防法は、糖尿病にならないことと足にケガをしないことです。食事などの生活習慣が大切ですね。適度な運動も重要ですが、無理して足に傷を作ってしまわないよう気をつけましょう!

原因を知って体臭を抑えよう!におわない爽やかなカラダへ!

いかがでしたか?女性の体臭には、いろんな原因があるのですね。更年期障害など、女性ならではの体臭もあり、体臭=中高年男性という思い込みは覆されてしまった方も多いのではないでしょうか。

自分の体臭は気づきにくいゆえ、日頃から気を配りたいものです。日常的にできる体臭対策で一番有効なのは、やはり生活習慣を整えること。中でも、食べ物のにおいが身体のにおいを作っているとも言えますから、食事はとっても大切です。

こんな地道なニオイ対策が、健康や若々しさにもつながります。不快な体臭のない、爽やかな毎日を過ごしましょうね。