> 足の違和感
足の違和感

足のむずむずや痛み、その違和感と症状はこんな病気かも!

足がむずむずする、ふとした時や決まったタイミングで痛む、何か違和感がある、そんな経験ありませんか?足に感じるちょっとした違和感、そしてその症状は、特定の病気によるものかもしれません。

もしそれが病気によるものであれば、出来るだけ早く正しい診断・治療を受けた方が良いですよね。そこで、足に感じる違和感別に、どのような病気が考えられるのか、その原因と対策にはどのようなものがあるのか、気になる情報をご紹介していきましょう!

また、今すぐに足のむずむずを解消したい方は「おすすめのクリーム」をチェックしてみてくださいね。

足が気になって夜眠れない!それ、むずむず脚症候群かも

寝ようとする足が気になる、なんかむずむずしてぐっすり眠れない、そんな経験ありませんか?もしかしたらそれは、むずむず脚症候群という病気かもしれません。

むずむず脚症候群とどのような病気なのか、まずは基本的な情報をチェックしていきましょう。

むずむず脚症候群の特徴をまとめると、次の通りになります。

  • 夕方から夜間にかけて足に違和感を感じる
  • 足に虫が這うような違和感・不快感を感じる
  • 足が気になってぐっすり眠れない
  • 足を動かすと症状が軽くなる

むずむず脚症候群はその症状がひどくなる時間帯から、睡眠不足になってしまうことも多い病気なのです。

むずむず脚症候群の原因と合併しやすい疾患をご紹介

では、どうしてむずむず脚症候群になってしまうのでしょうか。その原因としては、次の点が挙げられます。

  • ドーパミン機能障害
  • 鉄代謝異常
  • 遺伝

むずむず脚症候群の主な原因と言われているのが、ドーパミンの機能障害です。

ドーパミンが正常に機能している状態だとなんともない衣類の刺激や空気の流れ等のちょっとした刺激が、ドーパミンの機能低下によって間違った情報が足に届き、それが結果としてむずむずとした違和感に繋がってしまうのです。
ドーパミンの働き
また、鉄はドーパミン放出の調整を行っているということもあり、鉄代謝が異常をきたすとドーパミン分泌の異常につながることで、むずむず脚症候群の原因になってしまうと考えられているわけですね。

更に、むずむず脚症候群は遺伝をする病気としても知られています。事実、むずむず脚症候群患者の家族には同じ病気を持つ人が多く、5つの遺伝子が関与しているという報告もありますね。

むずむず脚症候群は主に2つに分けられます。

  • 特発性
  • 二次性

特発性というのが、先ほど紹介したドーパミン機能障害等が原因となって引き起こされているものです。一方、二次性のむずむず脚症候群の原因としては次のようなものが考えられています。

  • 貧血
  • 甲状腺機能異常
  • 腎機能障害
  • ビタミン不足

これらが原因で引き起こされている二次性のむずむず脚症候群であれば、原因となっているものを改善すればむずむず脚症候群も改善されるのです。

ですから、何が原因となってむずむず脚症候群が引き起こされているかを知ることは非常に重要となるわけです。

また、ほかの病気の合併症としてむずむず脚症候群を引き起こす場合もあります。それが以下のような病気です。

  • 貧血・鉄欠乏症
  • 腎機能障害
  • 神経障害
  • パーキンソン病

貧血が原因の1つとされているわけですから、それを病気として患っている場合はむずむず脚症候群を引き起こすリスクがある状態にある、と言えます。

また、脳内ドーパミンの不足によって引き起こされるパーキンソン病の患者は、同じくドーパミン機能障害が原因となっているむずむず脚症候群を合併症として発症するリスクがあるとも言われています。

このような病気を患っている場合、むずむず脚症候群になってしまうリスクがあるということをしっかりと認識しておきましょう。

問診や血液検査等で判断!むずむず脚症候群の診断方法とは

では、むずむず脚症候群とはどのように判断されるものなのでしょうか。その診断方法をご紹介しましょう。

まず、基本的に行われるのは次の2点となります。

  • むずむず脚症候群を診断する4つの必須診断基準を満たしている
  • 二次性でないことの否定
まずは、むずむず脚症候群と診断するために欠かせない診断基準を4つともクリアしていることが条件となります。この4つの診断基準がどれか1つでも当てはまらなければ、それはむずむず脚症候群ではないという判断になるのです。

その4つの診断基準は以下の通りです。

  • 脚を動かしたいという強い欲求が深いな下肢の異常感覚に伴って、あるいは異常感覚が原因となって起こる
  • その異常感覚が、安静にして横になっている、座っている状態で始まる、あるいは増悪する
  • その異常感覚は運動によって改善する
  • その異常感覚は日中より夕方や夜間に悪化する

この4つに該当すれば、むずむず脚症候群であるという診断になるわけですね。そして、その後に行われるのは二次性であることの否定です。

血液検査を行うことで、鉄分の状態を検査することができます。ここで鉄代謝異常が認められれば、その治療を行うことができますね。

また、むずむず脚症候群ではない可能性、他の疾患である可能性をチェックするため、画像診断等を行う場合もあります。

むずむず脚症候群の治療方法

ここで、むずむず脚症候群の治療方法をご紹介していきましょう。

むずむず脚症候群は、特発性か二次性かを判断し、二次性のものであれば、その原因となる要素を改善する・取り除くという治療が行われます。

原因が病気によるもの、または生活習慣によるものである二次性のむずむず脚症候群の場合は、原因となる病気の治療、または生活習慣の改善をするだけでむずむず脚症候群の治療につながります。

もし原因がよく分かっていない特発性のむずむず脚症候群であれば、薬物療法が行われます。

  • ドーパミン作動薬
  • 鉄材の補充
  • ベンゾジアセピン系(睡眠導入薬)

眠れないむずむず足におすすめのクリーム

簡単に毎日の足のむずむずから解放されたいのなら、むずむずをブロックし、リラックス効果も配合の専用対策クリームがおすすめです。

ラベンダーには身体をリラックスさせ、イライラや不安・緊張を和らげる効果があります。古代ローマでは、沐浴や傷の洗浄にラベンダーを使用していたそうです。

そんなラベンダー配合の、足のむずむず専用対策クリーム「HQLスムージングマッサジクリーム」

ラベンダーだけでなく、むずむずをブロックする天然成分メントール、肌に優しい保湿成分も配合で、辛い毎日のむずむずから解放してくれます。

病院に行くことなく購入できるところや、寝る前に塗るだけという点が、女性たちに支持される秘密かもしれません。

このHQLスムージングマッサジクリーム、定期初回限定4,800円でお試しできます。この機会に試してみてはいかがですか?

足がむずむずするというのは、むずむず脚症候群という病気である可能性があるのですね。気になって眠れない、足を動かさないと落ち着かない、それでは身体をゆっくりと休めることができません。

むずむず脚症候群は、原因がはっきりすれば簡単な対処で症状が軽減するケースもあります。一度病院でチェックしてもらうと良いでしょう。

他にもある!?足の違和感の原因となる5つの病気とは

脚がむずむずする感じがして眠れない、それはむずむず脚症候群の疑いがあるということを紹介してきました。

しかし、足に違和感を覚える原因となる病気は、むずむず脚症候群だけではありません。

足へ感じる症状を、5つに分けてみます。

  • 痛い
  • つる
  • 外反母趾
  • しびれ
  • 爪の違和感

これら5つの症状別にどのような病気が考えられるのか、それを詳しくご紹介していきましょう。

足に痛みを感じるのはモートン病、痛風・アキレス腱炎の恐れ

足が痛い場合、その痛みを感じる箇所によって様々な病気が考えられます。

痛みの場所 痛みの種類 考えられる病気
中指と薬指の間 しびれや痛み モートン病
かかと 痛み アキレス腱炎
疲労骨折
足の指 痛み
歩けないほど痛むことも
痛風
足の裏 歩き始めの痛み 足底筋膜炎

痛む箇所や痛み、しびれ等の症状に応じて、さまざまな病気があることが分かりますね。モートン病は、足の痛みが原因の病気であり、早期発見により治る可能性が高まる病気です。

だからこそ、早く知ることが重要となります。専門家である医師の診断をしっかりと受け、正しい治療を行うようにしたいですね。

モートン病は足の中指と薬指に痛みを感じることが特徴的な病気ではありますが、人によっては下肢全体に強い痛みを感じるケースもあるようです。

痛む場所が違うから病気じゃないだろう、そう安易に判断しないように気を付けたいですね。

更に詳しい情報が知りたい方は、こちらモートン病について詳しく解説の記事もチェックしてみてください。

ちなみに、モートン病以外で足に痛みを感じる原因について解説している記事もあります。そちらもご確認ください。
足の痛みの原因となる病気について詳しく解説

足がつるのは単に疲れているせいじゃない!?病気の可能性とは

足がつるという経験をしたことがある人は、意外と多いのでは?しかし、それを「ただ足がつっただけ」「ちょっと疲れてたのかな」そう簡単に考えている人はいませんか?

実は、頻繁に足がつるという人は病気によって引き起こされているケースがあるのです。

足がつることを引き起こす病気としては、次のような病気が挙げられます。

  • 糖尿病
  • 椎間板ヘルニア
  • 動脈硬化
  • 下肢の静脈瘤

足がつるということは、もちろん病気以外にも引き起こされる原因はあります。それは疲れや身体冷え、水分不足といったものが挙げられるわけですが、実際何が原因で足がつっているかは自分で判断するのは困難です。

もし、足がつるということを頻繁に経験している場合は、何か病気が隠れている恐れがあります。気になる場合は、一度病院でしっかりと診察を受けるようにしたいですね。

足がつるということについて詳しく知りたい方は、こちら足がつる原因と予防法について詳しく解説している記事を参考にしてみてくださいね。

足指が変形していれば外反母趾の疑い!?その原因とは

足の痛みの原因としてポピュラーなものの1つが、外反母趾です。外反母趾は、親指が変形して痛みを生じるというイメージがありますよね。その原因としては、ハイヒール等の足に合わない靴を履いていること、というのもご存じの方は多いでしょう。

しかし、実は外反母趾の症状というのは親指の変形のみではありません。

外反母趾は6つの種類に分けることができ、それぞれ痛みを感じる場所、その症状が異なっています。

外反母趾の種類 症状
靭帯性外反母趾 親指が小指側の方向に曲がる
仮骨性外反母趾 親指の付け根が出っ張る
混合性外反母趾 靭帯性外反母趾と
仮骨性外反母趾の両方の症状
ハンンマートゥ性外反母趾 足の指が縮こまる
または足の指が反りすぎる状態
IP外反母趾 親指の第二関節から曲がる
病変性外反母趾 病気によって関節が変形してしまった状態

親指の変形だけが外反母趾ではありません。ですから、パッと見は外反母趾ではないと思っても、実は外反母趾であるという可能性は十分にあるのです。

また、窮屈な靴を履くからではなく、スニーカーのように足に負担の少ない靴を履いていたとしても、普段の歩き方で外反母趾になってしまうリスクはあります。

自分の足指が少し気になる、そう感じるならまずは病院に行って医師の診察を受けるようにしたいですね。

外反母趾については、外反母趾について詳しく解説している記事があります。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

足のしびれがあるとヘルニアの恐れ!?腰と足との関係とは

足がしびれる、それは一見足に問題があるように思えますが、実は腰が原因で引き起こされている症状かもしれません。

腰の痛みを引き起こす病気としてよく知られている腰椎椎間板ヘルニアも、その1つです。

腰椎椎間板ヘルニアになると、はみ出した髄核が神経を圧迫し、結果として下肢のしびれ・痛みを引き起こしてしまうのです。

坐骨神経は、腰から足まで通る最も太い神経です。その坐骨神経が圧迫されるために、足に影響が出てしまうわけですね。放置すれば歩くことが難しくなってしまうケースもあります。一刻も早い治療が大切です。

さらに詳しい情報が知りたい方は、以下の記事がオススメです。
腰椎椎間板ヘルニアについて詳しく解説

足の爪に違和感があれば病気の可能性が!?

足の爪も、不調が出やすい場所の1つとなります。昔から、爪は健康のバロメーターと言われていますよね。それは、身体に不調が生じると爪の基となる爪半月が正常に育つことができないからだとされているのです。

足のトラブル・症状として知られているのが、次の3つです。

  • 爪水虫
  • 巻き爪
  • スプーンネイル

爪水虫は、足指がかゆくなるという一般的な水虫とは違い、爪の色が濁り表面がボロボロになるという症状が現れます。

放置すると症状は悪化しますし、爪水虫の原因は一般的な水虫と同様に白癬菌です。足指の間で発症すれば強いかゆみを生じますし、家族に感染する恐れもあります。

巻き爪は爪が内側に巻いている状態で、強い痛みを感じることもありますね。痛みが強くなれば歩行も難しくなるでしょう。

爪がスプーン状に変形してしまうスプーンネイルは、鉄分不足によって引き起こされると言われています。

爪に不調が現れれば何らかの病気である可能性がある、そのことをしっかりと認識しておくようにしたいですね。

この辺りの情報について興味があるなら、こちら足の爪の病気ついて詳しく解説の記事もおすすめですよ。

足に痛みや違和感を覚える病気・症状は多くあるのですね。自分の症状がどれに当てはまるのか、自分では判断できないこともあるでしょう。

何か気になることがあれば、まずは医療機関に行って医師にきちんと判断してもらうことが大切です。対応が遅れれば歩けなくなる、そんな事態を避けることができるはずですよ。

足の違和感は病気の恐れが!気になるときは病院で正しい診断と治療を

足に違和感がある、むずむずする、痛い、そんな症状が気になる場合は、まず病院で診察を受けるようにしましょう。足に何らかの不調をきたす原因として、むずむず脚症候群、外反母趾、ヘルニア、モートン病など、多くの病気が考えられるためですね。

病院に行くまでじゃない、そう考えてしまう人も多いかもしれませんが、病気が原因であれば放置することは得策とは言えません。1人で悩むよりも、原因と対処法をしっかりと理解することでストレスも軽減されるはずです。

正しい病気・原因が分かれば足の違和感や気になる症状を和らげ、改善することが可能となります。放っておくと危険なものもありますので、出来るだけ早く医師の診断を受けるようにしたいですね。