> > 気になる頭皮のかゆみ!その症状はひょっとすると治療が必要かも?

気になる頭皮のかゆみ!その症状はひょっとすると治療が必要かも?

頭がかゆい!そんな症状はありませんか?「ただ単にかゆいだけだから平気!」なんて言って、たかをくくっていると症状が重症化したり、周りの人へ迷惑かけることもあり得ますよ。

ここでは激しいかゆみを感じる「ケジラミ症」、頭皮が赤くなる「ふけ症」、治療をしないと治らない「しらくも」、やってしまいがちな日焼け、髪の洗い過ぎ、アトピー性皮膚炎等でかゆくなってしまう症状を紹介していきますよ。

「そのうち治る」なんて頭のかゆみを甘く見ている、そこのあなた!治療が大変になって後悔する前に、一度読んでおきましょう。

もしかしてケジラミ症?周りにも痒がっている人がいたら要注意!

ケジラミ症を聞いたことがありますか?もしかしたら小学生の頃にシラミを聞いたことがある人もいるかもしれませんね。シラミの痒さを経験したことがある人もいますよね。

実はシラミには以下の3種類があるのです。

  • コロモジラミ
  • アタマジラミ
  • ケジラミ

いずれも人や衣類に寄生して激しい痒みを引き起こしますよ。

コロモジラミは不衛生が原因で発生!

コロモジラミは衛生状態が悪いと発生します。人の体ではなく、人の下着などの衣服に生息しているので、寄生された人は、お風呂に入って清潔にして、着ている衣服を新しいモノに変えれば症状が治まります。

また、コロモジラミに寄生された人が使った衣服やタオルなどを55℃以上の温水に5分間ほどつけておけば、卵から成虫まで死滅させすることができるので熱湯処理が有効です。コロモジラミは、熱湯処理で周りの人への感染を防ぐことができるのです。

コロモジラミの駆除は洗濯と掃除がメインで、他のシラミと違って薬剤を使う必要が無いのです。コロモジラミはお風呂に入って、洗濯をし、下着を替え、掃除をすることが予防になりますよ。

アタマジラミは幼児に多く、その名の通り頭髪に寄生!

「小学生の頃に聞いたことがある、あるいは寄生されたことがある」という人の多くは、このアタマジラミですね。アタマジラミは頭に生息するので、頭と頭の接触や、タオルや帽子の共有などで周りの人にも感染します。特に家族はタオルを共有しますので、アタマジラミに感染しやすくなりますよ。

アタマジラミの成虫は髪にしがみつき、卵も粘着力があるので、洗髪だけでは落ちにくいのが特徴です。そのため専用の駆除薬や専用のくしなどで駆除する必要がありますよ。詳しくは、ケジラミの紹介の後に説明しますね。

大人に多いのはケジラミ!著しい痒みが特徴!

ケジラミは、発症して1ヶ月後ぐらいから、感染した部分が非常にかゆくなります。

症状の程度は個人差がありますが、少ない寄生でひどい症状が現れる場合もありますし、多数の寄生によってはじめて自覚する場合もあります。

つまり、発症してすぐには、かゆみを感じず、卵がかえって成虫が増えるにつれて痒みが増していくのです。

激しい痒みが酷くなっていくようであれば、ケジラミ症かも!

実は、ケジラミ症の主な感染部位は陰毛となっています。そのため、性感染症の一つともなっています。もちろん、寝具やタオルを介して感染する場合もある為、親子間で発症する場合もあります。

陰毛だけでなく、肛門周囲、わき毛、胸毛などの体毛や、まつ毛、眉毛、頭髪、ひげにも寄生するため、頭がかゆい時でもケジラミ症を疑う必要がありますよ。

ケジラミは、蚊のように人体から吸血し、その時に唾液を人体に注入します。その唾液がアレルギー反応となり激しい痒みを引き起こす原因となるのです。

知っていて安心!アタマジラミ・ケジラミ症の治療法

アタマジラミやケジラミ症を治療しようと思ったら、剃毛が主流となっています。頭髪や体毛に寄生するため、短くするだけでも効果があるのです。けれど頭が痒い場合、特に女性であれば短く刈りたくないですよね。そこで、アタマジラミとケジラミには薬物療法という方法もありますよ!

薬物療法の成分

薬物療法の成分はフェノトリン製剤となっています。具体的には以下の商品があります。

  • フェノトリンパウダー
  • フェノトリンシャンプー

市販薬としてスミスリンパウダーやスミスリンLとして販売していますので、目視で成虫、幼虫、虫卵を発見したら薬局に行きましょう。

スミスリンパウダーは白色の粉末でわずかに特異なにおいがあります。スミスリンLはシャンプーとなりますので、使いやすさが魅力ですよ。ただし、これらのフェノトリンは卵には効果がありません。そのため卵は成虫になってから駆除する必要がありますよ。

シャンプー方法

スミスリンパウダーやスミスリンLは1日1回、3日に一度ずつ(2日おきに)行います。先ほど紹介した通り、卵には効果がありませんので、卵が孵化してからもう一度シャンプーを行わなければならないため、3~4回繰り返す必要がありますよ。

卵は約7日で孵化しますので、卵から次々とかえってきたシラミを順次退治する方法をとります。4回使用すると、シラミが卵からかえる期間を十分カバーできますね。

スミスリンパウダーでは、薬剤をつけた後に1時間程度待つ必要があります。薬剤は特異のにおいがあり、目や鼻にツンとする刺激を感じる人もいますので、シャワーキャップや頭にタオルを巻くなど対策が必要です。スミスリンLでは待ち時間が5分となっていますので、1時間も待てない人はスミスリンLがおススメですよ。

シラミには、コロモジラミ・アタマジラミ・ケジラミの3種類があります。コロモジラミは清潔・掃除で対処でき、アタマジラミ・ケジラミは薬剤で対処できます。
アタマジラミ・ケジラミには薬剤が有効となっていますので、頭皮のかゆみが気になったら、まずは頭髪をチェックします。そして頭髪にシラミや卵が見えたら、病院を受診するか薬局で薬剤を購入しましょう。

頭皮が赤く、かゆみがあるなら「ふけ症」の可能性!

ふけ症の症状は、頭皮が赤くなり、かゆみが伴うようになると、症状が悪化しているということです。ベタベタするフケがある「ふけ症」は、頭皮の皮脂が過剰分泌してしまっていることが原因となります。

頭皮には皮脂や汗などを栄養とするマラセチア(真菌)というカビがいます。ほどよいマラセチアは雑菌や細菌の侵入を防いで、頭皮の健康に役立ちます。ところが皮脂のバランスが崩れると頭皮の新陳代謝が崩れ確執が大量に剥がれ落ちる「ふけ症」になるのです。

このフケを抑えるにはニゾラールローションを使うと有効ですよ。ただし、ニゾラールローションを使うのは炎症が軽度の時です。炎症が強くなるとステロイドローションを使います。こういった薬で症状を軽減する方法もありますが、実は普段の生活から症状を軽くするポイントがあるのです。

  • 脂質の多いものを食べない
  • 十分な睡眠
  • ストレスを貯めない
  • 髪を洗い過ぎない
  • 洗髪後は髪をよく乾かす

上記のような生活習慣で頭皮の皮脂のバランスが良くなり、フケが改善されますよ。

ふけ症は、フケと痒みがセットになっているので、この両方の症状が現れたら「ふけ症」かも!

ベタベタしていないフケもある!乾性フケの原因は?

実はフケにはもう一つのタイプがあります。それが、パサパサしているフケですね。このフケはシャンプーを変えた時や、冬などの乾燥する時期に出てくることもあります。

乾燥のフケの原因は、シャンプーのしすぎで、頭皮に必要な皮脂分まで取り除かれてしまうことにあります。必要な皮脂が無くなると頭皮が乾燥してしまい、それがフケとなるのです。

フケの種類 乾燥フケ 脂性フケ
フケの様子 パサパサ ベタベタ
フケの原因 シャンプーのしすぎ 皮脂の過剰分泌、カビの増殖
治療方法 生活習慣の改善、洗い過ぎない カビを抑える薬、生活習慣の見直し

まずは自分のフケがどちらの種類なのかを見分ける必要がありますね。あまりに長期間のフケ症の場合は、自分一人で解決しようとせずに、皮膚科に行くことをお勧めします。

フケにはベタベタとカサカサがあります。カサカサなら髪を洗い過ぎないようにすることが大切です。ベタベタならカビを抑えるステロイドローションが効果的なため、皮膚科を受診することをおススメします。
どちらの症状でもストレスを溜めない生活習慣がポイントになるのです。

かゆみが無いのが特徴!「しらくも」の症状

しらくもは白癬菌が髪の毛に寄生して生じる皮膚病です。白癬菌とはカビの一種ですね。有名なのが足にできる足白癬で、通称「水虫」です。聞いたことありますよね。そして、髪の毛に白癬菌が感染したものを頭部白癬で、通称「しらくも」となっています。

白癬菌はステロイドなどの外用薬では治りません。抗真菌剤の内服を行う必要があるのです。白癬菌にかかっている人や動物と触れ合うことでうつりますよ。

痒みが無いけどフケがあり、髪の毛が抜けてきたら、しらくもかも!

周りにうつさないためにも早めの受診が重要ですね。しらくもは「痒みなどの自覚症状はありません」とありますが、まれに痒みがある人もいます。その場合のふけ症との見分け方は悪化した時に分かります。

病名 症状
しらくも 痒くて、かくことで菌が拡がり脱毛
ふけ症 皮脂が酸化し、加齢臭を放つ

かゆみのある「しらくも」では脱毛が拡がり、「ふけ症」では加齢臭を放つようになりますよ!

しらくもは水虫と同じカビが原因なのです。ふけ症と同じくフケが出ますが、かゆみが無い場合もあり、髪の毛が抜けていくのが特徴です。

頭皮のかゆみは、ある人と無い人がありますが、しらくもでは脱毛がありますので、楕円形に髪の毛が抜け、フケが出てきたら要注意です。

ステロイド剤は膿んで痛くなるため、使ってはいけません!カビを退治するには抗真菌剤の内服が必要となっています。

他にもまだある!頭皮トラブルの原因を紹介

今までは治療が必要な病気を紹介してきましたが、ここからはうっかりやってしまいそうな頭のかゆみの対処法を紹介します。

日焼けで頭が痒い!必要なのは冷やすこと

日焼けはやけどの一種ですね。

暑い日差しの中、帽子をかぶらずにいると、日焼けで頭が痒くなったり、痛くなったりしてきます。

そんな気には、冷たいタオルをあてたり、冷たいシャワーを浴びて冷やすことが大切になりますよ。ほてりがなくなるまでじっくり冷やしましょう。その後、化粧水などで保湿ケアとなります。

頭皮の日焼けによる痒みをかきむしると、頭皮が炎症を起こしてしまいます。そうならないためにも、早めに冷やすことがコツですよ。

その洗い方大丈夫?やってしまいがちな洗髪方法

頭皮が傷つくのも頭がかゆくなる原因の一つです。頭皮は皮膚の中で弱い部分なので、かんたんに傷つきます。そして、頭皮に傷がつくと、炎症が起こりかゆみが起こってしまうのです。

では、どんなことで頭皮が傷つくのかと言えば洗髪方法が挙げられるのです。もちろん、洗髪をしなければ、皮脂が貯まってしまいフケの原因となりますよね。けれど、洗髪を正しく行わなければ、痒みを発生させる原因となってしまうのです。

お湯の温度は38度に設定!

シャンプーは手に取って泡立ててから洗髪

指の腹で頭皮を洗う

すすぎをしっかり行う

上記が正しい洗髪方法となります。熱すぎるお湯で洗ったり、直接地肌にシャンプーをつけたり、爪を立てて洗ったり、すすぎを簡単に終わらせたりするのは、かゆみを引き起こす原因となってしまいますよ。

体質が関係する?アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎も頭皮のかゆみを伴うことがあります。皮膚にかゆみの強い湿疹ができるのですが、体質や環境によって症状があらわれますよ。

体質 環境
アトピー体質、敏感肌体質 アレルゲン、皮膚を刺激するもの

アトピー性皮膚炎は、上記の体質に環境が加わると起こります。具体的にはアレルギー体質とはアレルギーを起こしやすい体質、敏感肌体質とは、皮膚が乾燥し、バリア機能が低下しやすい体質を言います。そして、アレルゲンとはダニやホコリ、皮膚を刺激するものとは、乾燥や汗・ひっかきなどを言いますよ。

皮膚が乾燥していると敏感肌になりやすく、乾燥は皮膚を刺激するものともなりますので、保湿がポイントになりますね。

病院に行くヒマがない!そんな時のムヒHD

忙しくて病院に行くヒマがない!そんな時の対処法としてムヒHDを紹介します。ムヒHDでは、以下に当てはまる頭皮のかゆみを止めますよ。

  • 汗・汚れ
  • 皮脂
  • 乾燥
  • 紫外線
  • シャンプー
  • ストレス

つまり、シラミやしらくものような疾患ではなく、何らかの刺激が原因で頭皮がかゆくなった時にムヒHDを使うと効果があるのです。ムヒHDでは、かゆみの原因となる炎症を鎮め、掻き壊した頭皮の修復を助けるため、かゆくて頭皮を傷つけることを避けることができるのです。

ただし、5~6日間使用してもかゆみが治まらない場合は疾患である可能性があるため、忙しくても病院を受診しましょう。

スポンジヘッドが塗りやすい!メディクイックHゴールド

市販薬で頭皮のかゆみを対処するなら、メディクイックHゴールドもあります。メディクイックHゴールドの特徴はスポンジヘッドとなっていますので、患部にしっかり押しつけて塗ることができる点ですね。

  • かゆい
  • ぷつぷつができる
  • かきむしる
  • 頭皮のはがれ

ムヒHDでも紹介しましたが、頭皮には毛穴が多く、皮脂や汗の分泌が盛んなため、炎症が起こりやすくなっています。その上、間違ったシャンプーや乾燥などで頭皮に刺激を与えると炎症が起こり、かゆくなるのです。

メディクイックHゴールドでは、かゆみをおさえ、患部を殺菌しながら効果を発揮するため、かゆみを我慢せずに済みますよ。ただし、ムヒHD同様にシラミやしらくもには効きません。症状が治りにくかったり、慢性的にぶり返したりする場合は、皮膚科へ行きましょう。

頭皮トラブルには、日焼け、洗髪方法、アトピー性皮膚炎等、様々な原因があります。
日焼けなら冷やして保湿、洗髪方法なら正しい洗髪方法を身につける、アトピー性皮膚炎なら保湿や皮膚の炎症をおさえることがポイントとなります。
また、ムヒHDやメディクイックHゴールドなど、市販薬もあります。汗・汚れ・乾燥等で頭皮がかゆい場合は市販薬の活用も有効となるのです。頭皮のかゆみの原因を知って、正しい対処方法を行うことが大切となります。

頭がかゆい!その原因と対処方法をチェック!

頭がかゆくなるには、様々な要因があることが分かりましたね。

病名 症状 治療法
シラミ 激しい痒み フェノトリン製剤使用
ふけ症 フケを伴い、頭の湿疹や痒み ステロイドローション
しらくも フケがあるが痒くない 抗真菌剤の内服
日焼け かゆみや痛み 冷やす→保湿
洗い過ぎ フケを伴う、かゆみ 正しい洗髪方法
アトピー性皮膚炎 湿疹、かゆみ 保湿、炎症をおさえる薬

しらくもの場合は痒い症状が出る人もいます。その時には、脱毛がおこるかどうかが、ふけ症との見分け方となりますよ。

一言に頭がかゆいと言っても、その症状によって原因や対処方法は違ってきます。そのため治療が必要な症状であれば、早めに皮膚科を受診すると良いですね。

早めに受診することで、シラミであれば周囲の人への感染を避けることができます。ふけ症やしらくもでは重症化するのを防ぐことができます。

もちろん治療が必要な症状ではなく、汗や乾燥等が原因の頭皮のかゆみであれば、ムヒHDやメディクイックHゴールド等の市販薬で様子を見ることもできますよ。

日焼け、洗い過ぎ、アトピー性皮膚炎に対しても正しい知識を身につけることで、頭のかゆみを避けることができますね。

こちらの記事もおすすめです!