> > よく足がつる!これって病気!?原因から予防法までを大解説!

よく足がつる!これって病気!?原因から予防法までを大解説!

突然、足がつって痛くて悶えたという経験、ありませんか?夜寝ている時なんかに足がつることも、けっこうよくありますよね。しばらくすれば治まるとはいえ、あの強烈な痛みは、できればあまり体験したくないものです。

このように、誰にでも起こり得る足の攣り(つり)って、いったいどうして起きるのでしょうか?よく足がつるという人には、何か特徴があるのでしょうか?また、頻繁に足が攣る場合はどんな病院に行けばいいのでしょう?

今回は、そんな「足の攣り」に焦点を当てて、原因や予防法、対策などを詳しく、分かりやすくお話していきます。

こんな人は足がつりやすい!?よくある状況や部位などを紹介!

たまに足がつるという程度ならそんなに気にならないかもしれませんが、しょっちゅう足がつるとなると相当なストレスですよね。でも中には、足がつりやすい条件の人もいるんです。

この章では、まず足がつりやすいのはどんな条件の人なのか、足の部位の中でもどこがつりやすいのかといったことについてお話していきます。

つりやすい部位

あなたは「足がつる」と聞いて、どこを連想しますか?人によって、その部位は様々なはず。でも、比較的よく足がつる部位というのは存在します。

  • ふくらはぎ
  • 足の裏
  • 足の指
  • 足の甲
  • すね

これらの部位で、よく足の攣りが見られます。一般的にはふくらはぎが多いですが、「いつも足の指ばかり攣る」という人もいるように、人によっては全くつらないところと、よくつるところがあるというのも、有りがちなケースです。

また、いくつかの部位が同時につることもあります。足の指がつったからマッサージしていたら、隣の指までつりはじめたなんてこともあり、これはかなり辛い痛みの体験となってしまいます。

足がつりやすい時間帯

足がつったときのことを思い出していただくと、おのずと足がつりやすい時間帯というのがうかびあがってきます。具体的には、

  • 夜間
  • 明け方
  • 運動中

が多いです。明け方に起きようとして足を動かしたり、伸びをしたらその途端に足がつったという経験をした人は、意外と多いのではないでしょうか。

後にお話するように、冷えも足がつる原因のひとつです。明け方に気温が下がって身体が冷えるため、この時間帯によく足が攣るのだと考えられています。また、お布団の重みが原因になることもあります。

さらに、運動中もよく足の痙攣が起きるタイミングのひとつです。泳いでいるときやランニングしているときに、ふくらはぎや足の裏が釣ったことがある人も少なくないはず。この場合も、水中での足の冷えや運動による筋肉の疲労が、足の攣りを招くと考えられます。

足がつりやすい人

以下のような人たちは、そうでない人たちよりも足がつりやすいと言われています。

  • 高齢者
  • 妊娠中の女性
  • 服薬中の人

筋力が弱まってくる高齢者の方は、足がよく攣ると言われています。また、ありとあらゆるマイナートラブルが生じやすい妊娠中ですが、足がつることもよくあるトラブルのひとつです。

妊婦さんに足の痙攣が起きやすい理由として、冷えやすいことに加えて、赤ちゃんの重みで骨盤が緩んだり歪んだりしやすいことが挙げられます。

また、薬剤の影響で足が攣りやすくなることもあります。

  • 高血圧・狭心症
  • 甲状腺疾患
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • ホルモン剤
これらの病気の治療薬には、利尿作用や体内の電解質に働きかける作用があるものがあり、そのせいで足が攣るという副作用が起きてしまうことが知られています。思い当たる方は、主治医に相談してみることをおすすめします。
足がつるのって、本当に突然だし、痛みも激しくてツラいよね。

女性は妊娠中だと特に足がつりやすくなるから、冷えには普段から気を付けてね。それから、骨盤をサポートするために骨盤ベルトを使うのも効果的だよ!

どうして足がつるの?そのメカニズムを知っておこう!

足が攣ることを、別名こむらがえりとも呼びますが、そんな足の攣りやこむらがえりは一体どうして起こるのでしょうか?ここでは、そのメカニズムや原因を探っていきましょう。

足がつるメカニズム

足が攣っているとき、その部位で何が起こっているのでしょうか。それはズバリ筋肉の痙攣(けいれん)です。

筋肉は、脳や神経からの命令によって収縮します。この命令の伝達には筋肉内の電解質やミネラルバランスが関わっているのですが、筋肉の疲労や様々な理由で、その電解質やミネラルバランスが乱れてしまうと、命令以上に筋肉が収縮してしまい、痙攣が起きてしまうのです。

足がつる原因

そんな筋肉の痙攣を引き起こす要因は、たくさんあります。先にも少し触れましたが、もう一度詳しく、足がつる要因になるものを挙げておきます。

  • 骨盤のゆがみ
  • 身体の冷え
  • 筋肉の疲労や衰え
  • 電解質バランスの乱れ
  • 水分やミネラルの不足
  • 薬の副作用

このような理由で、筋肉を正常に動かすための指令がうまく働かなくなってしまうのです。また、この他にも、肥満も足の攣りやこむらがえりを誘発すると考えられているんです。

肥満傾向があって足がよく攣るという人は、まずは体重や脂肪を落とす努力をしてみると良いかもしれません。

足が攣ってる時って、筋肉がビクビクと動いてるのが見える時もあるくらいだし、やっぱり痙攣が起きているんだね。

女性は骨盤が歪んだり身体が冷えたりしやすいから、そこを改善するだけでも足がつる回数が減らせるかもしれないね!

ひんぱんに足がつるなら病気の可能性も!?こんな病気に注意!

足がつる要因にはミネラル不足をはじめとする様々なものがあることを、前章でお話しました。こういったものは、健康な人でももちろん起こり得るものです。しかし中には、病気が原因になっているケースもあり得ます。

ここでは、こむらがえりが繰り返される場合、どんな病気が考えられるかをご説明していきます。

足がつることで疑われる病気

こむらがえりや足の攣りが頻繁な場合に疑われる病気としては、以下のようなものがあります。

  • 糖尿病
  • 椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症
  • 動脈硬化
  • 下肢の静脈瘤

糖尿病が悪化してくると、合併症である神経障害によって、足が攣りやすくなります。また、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症では筋肉の緊張が、動脈硬化や下肢静脈瘤は血行不良が元となって、足が頻繁に攣るという症状が起こることがあります。

このように、メカニズムには多少の違いがあるものの、よく足がつるという背景には病気があるケースもあり得るのです。

怖い閉塞性動脈硬化症

上記のように、頻繁なこむら返りには病気がかくれていることがあるわけですが、中でも閉塞性動脈硬化症という病気には注意が必要です。酷いケースでは足を切断しなければならないこともあり得るのです。

よく足が攣るけど原因が分からないという人は、引用文中にあるように、両足を上に挙げて血行が悪くなっていないか確かめてみてはいかがでしょうか。

病院は何科へ行くべき?

病気が元となって頻繁に足が攣ってしまうという人は、その病気を治療している主治医に相談してみましょう。

特に思い当たる病気がないのに、よく足がつるという人は、やはり病気が隠れているかもしれませんので、一度受診することをおすすめします。その場合は、内科か整形外科に相談すると良いでしょう。必要に応じて一度にいろんな検査ができるよう、総合病院が便利です。

足の血行が悪くなったり、神経の障害が起きたりする病気によっても、足が攣るという症状が出てくるわけだね。

この場合は、数か月に1回なんていう頻度じゃなく、毎日という人もいるよ。もしそうなったら、すぐに病院へ行ってね!

知っておくと助かるかも!足がつった時の対処法や予防法はこれ!

病気が原因になっている足の攣りなら、元となる病気を治療することが最大の対処法や予防法になります。

では、多くの健康な人が経験するこむら返りには、どう対処したらよいでしょうか?予防する方法や、実際に足が攣ってしまった時にどうしたら早く治るのかといった対処法をご紹介します。

どうすれば予防できる?

こむら返りの激しい痛みを回避するためには、日頃から予防しておくことが肝心です。以下に予防法をご紹介します。

  • バランスよく食事を摂る
  • 冷えを改善する
  • 適度な運動をする
  • 水分補給をしっかりする

運動中に足がつるのを防ぐには、運動前後にストレッチをしっかりやることです。そうして、筋肉にかかる負担を少なくしてあげましょう。

睡眠中のこむら返り予防は、やはり温めることです。寝る前にお風呂に入る、冷え性がある人は湯たんぽや腹巻きをして寝るなどしてみましょう。

また、マグネシウムなどのミネラルや水分の不足も、足が攣ることの大きな引き金になりますので、栄養と水分をしっかり摂ることがとても大切です。ビタミンEも効果的と言われています。
具体的には…
ワカメ、ひじき、しらす、かぼちゃ、アーモンド、玄米など

ミネラル不足や冷えに注意して、あのツラい痛みを予防しよう!

足が攣るという症状は、年齢を重ねるにつれ、誰もが体験しやすくなるものです。数秒から数分で治まりますが、痛みとしてはかなり激しい部類に入るため、できることなら経験したくはないですよね。

もしも、あまり頻繁に足が攣るようならば、病気の疑いもあります。そんな時は、できるだけ早く病院へ行きましょう。

頻繁ではないという方も予防のため、また、残念ながら足が攣ってしまった時のためにも、ここに挙げた予防法や対処法を、ぜひ覚えておいてくださいね!

たまに足が攣る程度なら問題ないけど、中には怖い病気が元になっていることもあるから、そこに注意が必要だね。でも、それらの病気の予防も、一般的な足の攣りの予防法と同じようなことだね。

冷えや血行の改善、栄養バランスの良い食事、適度な運動!これに気を付けている女性は、間違いなく健康でキレイで足も滅多に攣らないはず!