看護師求人のある全国の病院を紹介

日本初の取り組みを行う看護師求人がある愛知県(名古屋)の病院!

サンプル画像

愛知県には日本初の取り組みを行う病院や小児医療の最先端を走る病院など、特色のある医療施設がいろいろあります。

例えば、日本初のドクターカーの開始や院内に看護師専用のネイルサロンを設置している病院。アニマルセラピーを導入する小児医療を専門にする病院。「がん看護のジェネラリスト」を目指すなど専門性の高い教育を行う病院もあります。

この記事では愛知県で面白い取り組みなどを行っている病院をお伝えしていきます。

アニマルセラピーを導入!あいち小児保健医療総合センター


あいち小児保健医療総合センター

あいち小児保健医療総合センターは、愛知県唯一の小児医療専門施設。2001年にオープンして以来、保健と医療の2本柱をもとに小児医療を支えています。ドクターヘリの受け入れも行っており、東海地方広域の小児救急患者の心強い味方となっています。

PICUやNICUも設置!全国で10番目の小児救命救急センター

あいち小児保健医療総合センターは2016年に東海三県として初の小児救命救急センター認定を受けました。

PICU(小児集中治療室)を設置し、小児三次救急医療に対応するため小児救命救急センターの内容を強化。それに伴い、新生児・周産期部門もオープンしました。

さらに、あいち小児保健医療総合センターは教育体制も整っているので、小児救急看護や新生児集中ケアなど小児看護の専門性を高めたいと考えている人に最適です。

目標のひとつとして「専門職として自ら看護を高めるために研修会・学会などで発表できる看護師」の育成を掲げていることからも、専門性の高さがうかがえます。

アニマルセラピーを導入!動物とのふれあいでストレス緩和を目指す

あいち小児保健医療総合センターでは月に1回、アニマルセラピーを実施しています。アニマルセラピーとは動物とふれあうなかで、心を落ち着かせたりストレスを軽減させたりして心を癒すことです。

セラピーに参加するのは認定セラピー犬※や行動面などの安全性が保障されている犬たちです。犬との触れ合い方などを学びコミュニケーションをはかることで、子どもたちのストレスを緩和していきます。

認定セラピー犬とは
日本動物病院協会の「人と動物のふれあい活動(CAPP活動)」で認定を受けた犬のこと

医療設備を整えるだけでなく、さまざまな角度から子どもの治療を行っているあいち小児保健医療総合センター。子どもや家族の心理面にも配慮しており、入院している子どもと家族のために「どんぐりハウス」という宿泊施設も用意しています。

それではあいち小児保健医療総合センターの特徴を確認しておきましょう。

    <あいち小児保健医療総合センターの特徴>

  • 全国で10番目の小児救命救急センター
  • PICUやNICUを設置
  • 教育体制が整っている
  • 専門性の高い小児看護が学べる

「子どもひとりひとりの明るい笑顔と未来を目指す」としているあいち小児保健医療総合センターは、その言葉のとおり子どもたちのためにさまざまな取り組みを行っているようです。

あいち小児保健医療総合センターの求める看護師像や求人について

あいち小児保健医療総合センターでは臨床経験のある看護師を積極的に募集しています。子育てにも協力的なあいち小児保健医療総合センターは、育児短時間制度を開始しました。子育てと仕事を両立させられるのは大きな魅力です。

あいち小児保健医療総合センターでは次のような看護師を求めています。

  • 愛情をもって子どもに接する看護師
  • 主体的に学ぶことのできる看護師
  • 看護実践能力の向上を目指す看護師

<診療科一覧>

総合診療科/救急科/集中治療科/アレルギー科/腎臓科/感染免疫科/内分泌代謝科
神経科/小児外科/形成外科/整形外科/泌尿器科/脳神経外科/心療科/循環器科/心臓外科/耳鼻いんこう科/眼科/歯科口腔外科/予防接種センター(保健科)/放射線診療科/皮膚科/麻酔科/産科/新生児科
あいち小児保健医療総合センターは治療だけでなく、入院中の子どもの教育面にも心を配っています。隣接する養護学校と廊下をつないでいるため楽に通学できたり、院内には図書室も設置。ほかの小児科病棟の模範となれるような理想的かつ新しいコンセプトの療養環境を作り出そうと尽力しています。

日本初のドクターカーを始動!さくら総合病院の取り組み

さくら総合病院

洋風の外観が目をひく「さくら総合病院」。ここで日本初の「ドクターカー」が始動しました。福祉施設で入所者が病状の悪化などを起こした際に、医師と看護師が同乗したドクターカーが施設へ出動するという仕組みです。

このドクターカーはマンパワー不足解消の一翼を担うと期待されています。従来、福祉施設から病院への患者搬送には施設のスタッフが同行する必要があり、人手不足の原因の一つとなっていました。

しかしドクターカーには医師と看護師が同乗しているため、施設のスタッフが同伴する必要がありません。そのため入所者の病状が悪化した際の施設スタッフの負担は軽減されます。

ドクターカーによる近隣の福祉施設への出動

病院内に看護師専用ネイルサロン完備!さくら総合病院の特徴を紹介

日本初のドクターカーのほかにも、さくら総合病院は面白い取り組みを行っています。

院内には看護師専用のネイルサロンがあり、ここで施術したジェルネイルであれば業務中もネイルを楽しむことができます。

おしゃれやネイル好きの看護師には嬉しい特典ですね。その他24時間託児所が施設に隣接していたり、認定看護師の資格取得の際は学費全額や基本給、交通費などを貸与としてバックアップしてくれたりと頑張る看護師を応援する取り組みも行われています。

洋館のような建物にドクターカー、ネイルサロンなど個性豊かな「さくら総合病院」の特徴を確認しておきましょう。

    <さくら総合病院の特徴>

  • 日本初のドクターカー
  • 院内にネイルサロンを完備
  • 24時間託児所が病院に隣接
  • 資格取得をサポート
  • 洋館のような外観

そのほか救急車の受け入れを拒まないなど救急に力をいれているという口コミもありました。外観は可愛らしいですが、ドクターカーを導入して地域福祉の改善を図るなど志の高い病院のようです。

さくら総合病院の求める看護師像や求人について

さくら総合病院では看護師と准看護師を募集。勤務形態は常勤、非常勤、パートから選ぶことができます。

また福祉施設を併設しているので、業務内容は外来・手術室部門、一般、病棟、療養病床、介護老人保健施設と幅広いです。福利厚生のなかには託児所や看護師専用のマンションも用意しています。

さくら総合病院では次のような看護師を求めています。

  • 熱意のある看護師
  • スキルアップを目指して頑張る看護師

<診療科・部門一覧>

消化器病・外傷センター/循環器センター/脳卒中脊椎脊髄センター/ER救急センター/呼吸器・総合内科センター/内視鏡診断・治療センター/運動器・形成センター/神経・糖尿病・感染症センター/こども・女性疾患センター/皮膚疾患センター/腎・尿路疾患センター/眼の疾患センター/ストレス外来(心療内科・精神科)/麻酔科/デンタルセンター/透析センター/薬剤管理センター/リハビリテーションセンター/放射線診断治療センター/栄養管理センター/感染管理センター
さくら総合病院のホールには大きなアスクレピオス像があります。アスクレピオスはギリシア神話に登場する医術の神様。「アスクレピオスの杖」は世界保健機構(WHO)や世界医師会などのシンボルとして用いられています。

がん医療の最先端を歩む愛知県がんセンター!専門性を高められる病院


愛知県がんセンター

愛知県がんセンターは中央病院と研究所が一つになっており、研究に基づいた最良のがん医療を実践しています。院長は世界に発信する高度医療を目指すとしており、専門性や志の高さが伝わってきます。

教育プログラムが充実していて、「がん看護のジェネラリスト」の育成をかかげているのも特徴です。

ここでは高度な「がん医療」や看護のリーダーとしての役割が求められているので、がんの専門性を高めたいと考えている人には最適の病院と言えます。

新たにPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入!

愛知県がんセンター中央病院では、2015年度からPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)が導入されました。PNSとはパートナーを組んだ2人体制で看護を行うことです。お互いに不足分を補い、協力し合って看護を実践していきます。

質の高い看護や人材育成を効果的に行うことを目的として中央病院はPNSを導入。高度な「がん医療」を学べるだけでなく、質の高い看護を目指している中央病院の特徴を見てみましょう。

    <愛知県がんセンター中央病院の特徴>

  • 最先端のがん医療を提供
  • キャリアアップできる教育計画
  • PNSを導入
  • 充実した福利厚生
  • 結婚・出産後の復帰支援が充実
  • 託児所開設

最先端のがん医療を実施する病院で、専門性の高い教育を受けることができるのはキャリアアップを考えている人にとって魅力的です。

それでは求める看護師像や求人について確認してみましょう。

愛知県がんセンター中央病院の求める看護師像や求人について

勤務条件は原則として三交代制で年間休日が多いのが特徴。愛知県職員となるため福利厚生が充実しているのが魅力です。

愛知県がんセンター中央病院では次のような看護師を求めています。

  • 患者のニーズを捉えられる看護師
  • がん看護の質の向上を目指す看護師

<診療科・部門一覧>

消化器内科部/内視鏡部/呼吸器内科部/血液・細胞療法部/薬物療法部/臨床検査部/遺伝子病理診断部/輸血部頭頸部/外科部形成外科部/呼吸器外科部/乳腺科部/消化器外科部/整形外科部/泌尿器科部/婦人科部/麻酔科部/放射線診断・IVR部/放射線治療部/外来部/循環器科部緩和ケア部/臨床試験部/看護部薬剤部/脳神経外科/皮膚科/眼科リンパ浮腫外来/緩和ケアセンター/サルコーマセンター
愛知県がんセンターの魅力の一つは充実した福利厚生です。センターは県立施設なので、愛知県職員として働くことになります。育児休業制度や育児部分休業制度などの子育て支援も豊富。年末年始や祝日を含めた休日が年間約120日あるのも嬉しいポイントです。

専門性の高い病院でキャリアアップ!学びたい分野を見つけよう

愛知県には日本初の試みであるドクターカーを始動した病院、東海三県として初の小児救命救急センターとなった病院など個性豊かな医療施設がいろいろあります。

「新しい試みに参加したい」「勤務中でもおしゃれを楽しみたい」という人には、ドクターカーやネイルサロンの設置が特徴的なさくら総合病院がおすすめ。

がんの専門性を高めたい人は愛知県がんセンター中央病院がぴったりです。最先端のがん治療を学べるだけでなく、県職員として働くため福利厚生が充実しているのも魅力のひとつです。

小児看護を極めたい人はあいち小児保健医療総合センターが最適。小児看護に関するさまざまな科目があるので、専門性を高めたいと考えている分野を学ぶことができます。

転職をする際は自分の極めたい分野で、ステップアップできるような病院を選びましょう。

※記載されている病院情報などは2016年12月現在のものです。