あらゆる病気に効果絶大!タマネギは優秀な健康食だった!

あなたのお家には、どんな野菜が常備されていますか?きっと、「タマネギ!」と答えた方も多いはず。

カレーや肉じゃがに八宝菜、サラダやドレッシングなんかにも、和洋中を問わず料理に大活躍のタマネギですが、健康効果が高い食材であることは、すでにご存じですよね。

有名なのは血液サラサラ効果ですが、日々の研究により、それ以外にも実に様々な健康効果がタマネギには秘められていることが明らかにされています。

読めばきっと、今まで以上に料理に使いたくなるに違いない、そんなタマネギの優れた効果効能をどうぞご覧ください!

健康パワーは紀元前から!知ってた?タマネギの基本情報

私たちの食生活に欠かせないタマネギですが、どんな歴史や栄養があるかご存じですか?

これらの基本的な情報を知っておくと、料理にもっと効果的に使えるようになりますよ。ぜひ、ご覧下さい。

タマネギの歴史

タマネギの起源は諸説ありますが、現在のイラン周辺というのが一般的な説です。その起源は相当古く、その後の栽培されたタマネギの記録でも紀元前にまでさかのぼります。

しかも、ピラミッドを作る肉体労働者に配られていたとは、当時からすでにタマネギの健康パワーが利用されていたことの証とも言えますね!

その後かなりの時を隔てて、日本でタマネギが食用として広まったのは、明治以降と言われています。

当初は馴染みのない食材ということで、なかなか一般家庭に普及しなかったタマネギですが、こんな理由で急速に広まることとなります。

当時、コレラは感染性・致死率が非常に高く、『三日コロリ』などと呼ばれ、大変恐れられていました。

そんな中、『玉ねぎがコレラに効く』という噂が広まり、爆発的に売れるようになります。

実際に、玉ねぎにそのような効果は無いのですが、ヨーロッパでコレラが流行したときも同様のことがありました。

玉ねぎの強壮剤的な要素や独特の香りから、古代エジプトやヨーロッパにおいて魔除けのような要素を持っていた事が関係しているのかも知れません。

引用元:JAきたみらい

魔除けに使われたり、コレラに効くと盲信されたりと、タマネギには人に効果を期待させる何かが、今も昔もあるようです。

しかも、その期待される効果にはきちんと裏付けがあることが、日々の研究で分かってきています

タマネギの種類

タマネギには、下記のようにいくつかの種類があります。

種類 特徴
黄タマネギ もっとも一般的なタマネギ
水分が少なく長期保存がきく
赤タマネギ(紫タマネギ) 表面や中身の皮が紫
辛みが少なく生食に向く
白タマネギ 皮も中身も白
甘みがあって生食に向く
新タマネギ 春先の黄タマネギを早めに収穫したもの
辛みが少なく生食に向く

黄タマネギ以外は長期保存が難しいので、買ったら早めにサラダやオニオンスライスなどにして食べることをおすすめします。

それぞれに美味しさや合う料理があるので、基本的にはお好みで選んでいただけますが、

  • 黄タマネギは血液サラサラ効果や殺菌効果がある硫化アリルが豊富
  • 赤タマネギはアンチエイジング効果のあるアントシアニンが豊富

というちょっとした違いもありますので、これらの効果が欲しい方はこちらを積極的に選ぶと良いですね。

タマネギに含まれる栄養

タマネギが栄養豊富であることは、広く知られていますよね。でも、基本的な栄養素としてどんなものが含まれているのか、もう一度ここでおさらいしておきましょう。

  • 炭水化物
  • 食物繊維
  • ビタミンB類
  • ビタミンC
  • 葉酸
  • カルシウム
  • 鉄分
  • リン
  • カリウム

ビタミンやミネラルがきちんと含まれていること、特にビタミンBの一種で、お腹の赤ちゃんの病気を防ぐ効果のある葉酸が豊富なことは、女性にとってはうれしいポイントです。

古代エジプトのピラミッド職人もタマネギを食べて力をもらっていたなんて、何だか聞くだけで元気になれそうなお話ね。

タマネギは水にさらすと栄養が減ってしまうから、できるだけそのままで食べるといいですよ。

改めてメカニズムを復習!タマネギの血液サラサラ効果はすごい!

タマネギの健康効果と言えば、やはり一番有名なのは血液サラサラ効果ですよね。タマネギがなぜ血液をサラサラにするのか、今一度そのメカニズムを見てみましょう。

血管内皮機能とは?

カレーでおなじみのハウス食品は、カレーに欠かせない食材であるタマネギについての研究を盛んに行っています。

その研究について詳しく見ていく前に、まずは血液をサラサラに保つために必要な「血管内皮機能」についてご説明します。

血管内皮機能が低下すると、図のように血管内皮細胞の隙間からLDL(悪玉コレステロール)がすり抜けてしまいます。

その後、酸化したLDLはマクロファージ(白血球の一種)と一体になり、動脈硬化巣と化してしまいます。

このようなメカニズムによって、血管内皮機能が低下しなければ動脈硬化になりにくく、血液がサラサラのまま保てるというわけなんです。

タマネギが血管内皮機能を高める!

さて、いよいよ、その血管内皮機能を低下させない効果がタマネギにあるという研究をご紹介したいと思います。

研究を行っていく中で、私どもは食後の血管内皮機能低下に注目しました。食事に含まれる糖分により、血管内皮機能は食後一時的に低下することが分かっています。この食後の血管内皮機能低下を抑えることができれば、効果的に血管の機能を健全に保つことができると考えられます。今回、ポリフェノールの一種であるケルセチンを含む濃縮タマネギエキスの摂取によって、食後の血管内皮機能が改善されることを確認しました。
引用元:ハウス食品と広島大学 東幸仁教授との共同研究

この研究により、タマネギに含まれるケルセチンという成分が、血管内皮機能の低下を防ぎ、その結果、血液サラサラ効果が生まれるということが分かったのです。

ケルセチンとは、引用文中にもあるようにポリフェノールの一種。老化を防いでくれる抗酸化作用がある、うれしい成分です。

このケルセチンがタマネギに多く含まれているため、血液サラサラ効果が得られるというメカニズムだったのですね。

タマネギの血液サラサラ効果の元となる成分は、ケルセチンというポリフェノールの一種だったのね。

誰にとっても血液はサラサラに越したことはないから、タマネギは老若男女にありたがい食品ね。

毎日食べたい!生活習慣病を予防したいなら、ぜひタマネギを!

生活習慣病とは、その名の通り、日々の生活習慣が原因で発症してしまう病気の総称です。ということは、生活習慣を見直せば、予防や改善がじゅうぶん可能ということでもありますよね。

タマネギには、そんな生活習慣病を予防・改善する効果があるのです!

元にあるのは血液サラサラ効果

前の章で、タマネギの血液サラサラ効果のメカニズムを見てきましたが、なぜ血液はサラサラの方が良いのでしょう?

その理由とは、まず命の危険にもつながるような、

  • 動脈硬化
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞

というような怖い病気が防げるからです。生活習慣病が酷くなると、このような怖い病気になってしまうことが多々あります。

ということは、タマネギでこの章のテーマでもある糖尿病や高脂血症などの生活習慣病を防ぐことで、動脈硬化や脳卒中をも予防できるということ。

つまり、タマネギの生活習慣病予防効果は、動脈硬化などを防ぐ血液サラサラ効果と同じメカニズムと言えますね。

高脂血症を予防・改善!

上記でお話したことを証明した研究を引用します。

心臓病や脳卒中を防ぐには動脈硬化や血栓の予防が大事ですが、タマネギにはその危険因子である高脂血症(高コレステロール、高中性脂肪)や高血圧に対する顕著な予防・改善効果があります。とくに高脂血症に関しては約80パーセントの有効性が報告されています。
引用元:株式会社龍泉堂

参照元:龍泉堂

高脂血症とは、血管の中の悪玉コレステロールや中性脂肪が多く、血液がドロドロになっている状態。放っておくと、血管が詰まってより深刻な事態を引き起こしかねません。

タマネギは、そんな高脂血症だけでなく、高血圧に対してもすぐれた予防・改善効果があると明らかにした研究です。

糖尿病患者の血糖値も改善!

さらに、代表的な生活習慣病である糖尿病への効果についての研究も引用します。

参照元:龍泉堂

実に80%もの糖尿病患者において、血糖値やヘモグロビンA1c(この値が基準値を超えると糖尿病の危険性があります)の低下という効果が見られました。

引用文中にもあるように、糖尿病は悪化すると腎症や神経・視力障害など様々な合併症を引き起こす、恐ろしい病気です。

これらの合併症も、タマネギで改善するケースがたくさんあるとのことで、やはりタマネギの生活習慣病への効能は、間違いないもののようですね。

タマネギのケルセチンが生活習慣病を予防して、それが動脈硬化などの大病をも予防するという流れね。

予防だけじゃなく改善効果もあるから、もう生活習慣病だという人もあきらめないでタマネギを毎日食べてほしいわ。

さらにがん予防もできる!タマネギは優秀な抗がん食材でした

次にご紹介するタマネギの健康効果は、がん予防です。がん家系だという人も、そうでない人も、知っておくとお役に立つことがあるかもしれません!

タマネギのがんへの効果

参照元:龍泉堂

表を見てみると、世界のいろんな国でタマネギと胃がんとの関係が調査され、タマネギが胃がんに効くという結果が出ていることが分かりますね。

デザイナーフーズ計画にもタマネギが!

デザイナーフーズ計画という言葉を聞いたことがありませんか?これは、どんなものかというと、

デザイナーフーズ計画 (designer foods project) は、1990年代、アメリカ国立癌研究所 (NCI) によって2000万ドルの予算でがんを予防するために、フィトケミカルを特定して加工食品に加える目的で開始された計画である。デザイナーフーズ計画では、がん予防に有効性のあると考えられる野菜類が40種類ほど公開された。
引用元:Wikipedia

ということで、このデザイナーフーズ計画の中に、タマネギも含まれているんです。

ピラミッドの上に行けば行くほど、がん予防効果が高いとされており、タマネギは2番目に効果が高いとされる層に含まれています。

頂上に近い食品の方ががん予防効果が高いということですが、タマネギのメリットは毎日たくさんの量を食べることができるという点。

現在、デザイナーフーズ計画は終了していますが、タマネギのがん予防効果が否定されたわけではありません。

タマネギを日々食べ続けることで、胃がんをはじめとするあらゆるがんを遠ざけることができると言えます。

がんが誰にとっても他人事ではない病気になってしまった現在、抗がん作用のあるタマネギは、毎日の食卓に欠かせない食材だわ。

どんな料理にも使えるから大量に食べられることも、続けやすいポイントね。

これだけじゃない!老化予防や喘息改善など、タマネギの効果一覧

血液サラサラ効果やがん予防など、ありがたいタマネギの効果をお伝えしてきましたが、なんとまだまだあるんです。

タマネギの様々な効果

比較的知られていないタマネギの効果を、一挙にご紹介します。

  • 気管支ぜんそくの発作抑制
  • 骨粗鬆症
  • 解毒
  • 肝機能の強化
  • 視力強化
  • 老化防止
  • 抗炎症作用
  • 殺菌作用
先にご紹介している血液サラサラ効果や生活習慣病・がん予防効果などと合わせて考えると、ほとんどすべての体調不良に対応してくれているといっても過言ではないほどですよね。

これらの効果は、すでにご紹介済みのケルセチンのほか、グルタチオンという成分などがもたらすものと考えられています。

ケルセチンの吸収率は食品によって異なりますが、タマネギのケルセチンはもっとも吸収のよいものであることが分かっています。タマネギにはほかに、グルタチオンという3つのアミノ酸からなる物質が含まれていて、解毒・肝機能強化、眼の保護、酸化防止などの役目を果たしています。
引用元:株式会社龍泉堂

タマネギにはいろんな有効成分が含まれているんですね。しかも、血液をサラサラにするケルセチンは他の食材にも含まれているとはいえ、タマネギのケルセチンが一番吸収が良いとのこと。

タマネギって、本当に優秀な食材だったのですね!

骨粗鬆症改善や老化防止など、私のような年齢の女性にありがたい効果もいっぱいなのね。

肝臓や気管支ぜんそくにも良いから、お酒好きのお父さんやアレルギー持ちの子どもにもぜひ食べさせたいわね。

健康効果は無限大!何はなくとも家族みんなでタマネギを!

いかがでしたか?とっても身近な野菜であるタマネギには、驚くような効果がいっぱい詰まっていることがお分かりいただけたでしょうか。

常備菜のタマネギはどの家庭でも食べられているはずですから、一度に使う量をもう少し多くするという形なら、結構簡単にたくさん食べることができそうですよね。

これからも毎日タマネギを食べて、がんや生活習慣病をはじめとする様々な病気を跳ね返しちゃいましょう!

昔から百薬の長だったタマネギを食べて、家族みんなで元気に長生きしたいものね。

朝はサラダ、昼はお味噌汁、夜はメイン料理にと、1日3食全部に使っても無理なく食べられそうですよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2016 元看護師おばあちゃん~「効果効能」の知恵袋ブログ~ All Rights Reserved.