看護師求人のある全国の病院を紹介

埼玉県の看護師求人のある病院を紹介!

埼玉県の看護師求人のある病院を紹介!

埼玉には新しい取り組みやキャリアアップ支援が充実している病院があります。

例えば、さいたま赤十字病院は経営母体の異なる病院とフロアを繋げ、周産期医療を提供。この取り組みにより、さらに質の高い医療の提供や医師不足解消を図ります。

川口市立医療センターは、全国的にも珍しい自己完結型救命センターを目指しています。災害拠点病院として、埼玉DMATや埼玉SMARTも活躍中です。

また埼玉医科大学グループは資格取得支援や進学支援など、充実したキャリアアップ支援が魅力の病院。

この記事では、上記3つの病院の面白い取り組みや特徴を紹介します。

さいたま赤十字病院!県立こども病院との連携で小児医療を支える


さいたま赤十字病院

さいたま赤十字病院は2017年にさいたま新都心に移転。新病院建設プロジェクト発足から、7年の歳月を経てのことでした。

ここでは「経営母体が違う県立小児医療センターと協同で周産期医療を行う」という、全国的に見ても珍しい取り組みに挑戦しています。

新病院に生まれ変わった、さいたま赤十字病院の特徴はこちらです。

さいたま赤十字病院の特徴
  • 総合周産期医療
  • 高度急性期医療
  • 地域拠点病院
  • 災害看護・国際救援看護

さいたま赤十字病院は、県内で2番目に高度救命救急センターに指定。地域医療支援病院、災害拠点病院などの承認・指定も受けています。

産科医不足を防げ!さいたま赤十字病院と県立小児医療センター

ここではさいたま赤十字病院の産科・小児科部門と、県立小児医療センターの新生児部門が協働することで、周産期医療の提供を行っています。

そのため、さいたま赤十字病院と隣接する県立小児医療センターは、フロアが一続きに。

このような取り組みは産科医、新生児科医の不足解消の一手になるのでは、と注目されています。各地でも医療の集約化が検討されているなかで、いち早く取り組みを行った埼玉県と、県立小児医療センター・さいたま赤十字病院の2つの病院。

産科医や新生児科医の不足問題だけでなく、より質の高い医療を提供することも可能になりました。

例えば、ハイリスク妊産婦はさいたま赤十字病院で受け入れ、治療を行いながら出産するまでケアを提供。出産後、低体重児または重い疾患をがある場合は、フロア続きになっている県立小児医療センターで治療を行うことができます。


より質の高い医療を提供することも可能

連携後の新病院は総合周産期母子医療センターの機能を有する、県内で2番目の病院として活躍しています。

さいたま赤十字病院の求める看護師像や求人について

さいたま赤十字病院では、専門・認定看護師資格取得支援を行っています。合格後は認定看護師教育課程の6か月間が研修扱いとなり、集中して学習を行えるなどの支援を実施。

また、育児支援への取り組みも充実しています。院内保育所や病児保育室があるので、小さな子どものいる人でも安心して働けますよ。さらに育児休暇制度や育児短時間制度も用意されています。

それでは、さいたま赤十字病院で求められる看護師像をチェックしてみましょう。さいたま赤十字病院では、次の4つの力を看護師に求めるとしています。

求められる看護師像
  • ひとに感心を持つ力
  • 伝える力
  • 確かな看護技術力
  • チームを動かす力
さいたま赤十字病院の基本情報
勤務地 埼玉県さいたま市
中央区新都心1-5
アクセス ・さいたま新都心駅より
徒歩4分
・北与野駅より徒歩6分
看護部HP さいたま赤十字病院 看護部
勤務体制 ・3交代勤務
・変則2交代勤務
病床数 632床
「求められる看護師像」として紹介した4つの力を育む支援ために、「伝える力」においては発言を歓迎する環境づくり、「確かな看護技術力」の向上のためには各分野主催の勉強会などが行われています。

川口市立医療センター!災害拠点病院としての活躍

川口市立医療センター

埼玉県川口市に位置する、川口市立医療センター。

この病院の救命救急センターは自己完結型救命センターを目指しています。

初期治療に始まり、手術から集中治療、そしてリハビリテーションまで一貫して行う、全国的に見ても、珍しい取り組みです。

また災害拠点病院として、災害医療派遣チームのDMATなども活躍しています。

市民にとって頼もしい存在である、川口市立医療センターの特徴は次のとおりです。

川口市立医療センターの特徴
  • 埼玉県基幹災害医療センター
  • 地域周産期母子医療センター
  • 地域がん診療連携拠点病院
  • 自己完結型救命センター

それでは災害拠点病院としての活躍について、もう少し詳しくみていきましょう。

埼玉県特別機動援助隊「埼玉SMART」と「DMAT」が活躍!

災害拠点病院である川口市立医療センターでは、埼玉DMAT(災害医療派遣チーム)や埼玉SMART(埼玉県特別機動援助隊)が活躍しています。

DMATは医療従事者などで構成されるチームで、大規模災害や事故が発生した際に現場へ急行し治療を実施。

DMATの定義は「災害の急性期(48 時間以内)に活動できる機動性を持つ、トレーニングを受けた医療チーム」とされています。

※厚生科学特別研究最終報告書より

埼玉SMARTは医療従事者だけでなく、他職種の専門家たちで編成されるチームです。

埼玉SMARTの編成
  • 機動援助隊(消防局)
  • 埼玉県防災航空隊
  • 埼玉DMAT

迅速に現場に出動することで救助や救命活動を実施し、県民の命を守ることが埼玉SMARTの任務です。

川口市立医療センターの求める看護師像や求人について

川口市立医療センターは福利厚生として、看護師寮や院内保育室を用意しています。また、川口市職員互助会と埼玉県市町村共済組合の福利厚生事業も利用可能。

例えば、保養所の宿泊補助やテーマパーク・日帰り温泉などのレクリエーション施設の利用割引などがあります。

それでは、川口市立医療センターで求められる看護師像をチェックしてみましょう。川口市立医療センターでは次のような基本方針を掲げています。

求められる看護師像
  • 一人ひとりの立場を尊重し、信頼される看護を実践できる
  • 医療チームの一員としての役割と責任を果たせる
  • 看護職として能力向上を目指し、自己研鑽に勤める
川口市立医療センターの基本情報
勤務地 埼玉県川口市西新井宿180
アクセス 新井宿駅より徒歩10分
看護部HP 川口市立医療センター 看護部
勤務体制 ・変則2交代勤務
(一般病棟、NICU)
・2交代勤務
(救命救急センター、ICCU、産科)
・3交代勤務
(NICU)
病床数 539床
川口市立医療センター内にはカフェや屋上庭園が設置されています。「ちょっと一息つきたい」という時に便利ですよ。

埼玉医科大学グループ!キャリアアップの強い味方

埼玉医科大学グループ

埼玉医科大学は3つの病院を持ってるので、3つのステージの中から自分のやりたい看護を見つけ選ぶことができます。

それぞれ確認していきましょう。

埼玉医科大学グループ
  • 埼玉医科大学病院
  • 埼玉医科大学総合医療センター
  • 埼玉医科大学国際医療センター

埼玉医科大学病院は3つの中で一番歴史が長く、特定機能病院に承認されています。

埼玉医科大学総合医療センターは、災害拠点病院として活躍。ドクターヘリの運航も行っています。

埼玉医科大学国際医療センターは「がん・心臓・救命」で活躍。「頼れる病院ランキング」で埼玉県第1位にも選ばれた病院です。

頼もしい埼玉医科大学グループの特徴はこちらです。

埼玉医科大学グループの特徴
  • キャリアアップを支援
  • ワークライフバランスの充実
  • 大学病院ならではの高度医療を提供
  • 「がん・心臓・救命」の先端医療を提供

特徴ある3つの病院、それぞれに共通しているのは、キャリアアップ支援が整っていること。それではキャリアアップ支援について、詳しくみていきましょう。

埼玉医科大学グループでキャリアアップ!充実した支援制度

埼玉医科大学グループの魅力は充実したキャリアアップ支援。大学病院ならではの支援制度はこちらです。

キャリアアップ支援制度
  • キャリアアップセンターで研修
  • 院内認定制度
  • 助産師育成
  • 外部研修
  • 大学に進学
  • 大学院に進学

埼玉医科大学キャリアアップセンターは、キャリア開発・人材育成のために設立された施設。一人ひとりの能力を向上させることで、キャリアを高めていきます。

キャリアアップセンターでは、「埼玉医科大学看護学生実習指導者講習会」や「復職支援研修」、「認定看護管理者ファーストレベル研修」などの研修を行っています。

助産師を目指す人は休暇制度を利用した進学ができ、埼玉医科大学短期大学・専攻科母子看護学専攻、または他大学への進学も可能です。

外部研修では、看護教員養成や実習指導者養成など専門的な研修の支援を実施。研修中休暇制度を利用して、認定・専門看護師の資格取得も目指せます。

保健師を目指す人は、埼玉医科大学保険医療学部看護学科へ編入することができます。

また、働きながら大学院へ進学することも可能。大卒資格がなくても出願できる制度や社会人選抜制度など、幅広い支援制度があります。

埼玉医科大学グループは「キャリアアップを目指したい」「明確なキャリアプランがある」という人に、最適な環境です。

埼玉医科大学グループの求める看護師像や求人について

充実したキャリアアップ支援が魅力の埼玉医科大学グループでは、次のような看護方針を掲げています。

求められる看護師像
  • 患者さんの人間性を尊重し、信頼される看護を提供
  • 患者さんと目標を共有し、安全で安心できる医療現場を整える
  • 看護専門職として自己研鑽に努め、質の高い看護を実践
  • 他職種と協働して、チーム医療の向上に努める
  • 地域との連携を持ち、継続看護を充実する
埼玉医科大学グループの基本情報
勤務地 【埼玉医科大学病院】
埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38

【埼玉医科大学総合医療センター】
埼玉県川越市鴨田1981

【埼玉医科大学国際医療センター】
埼玉県日高市山根1397-1

看護部HP 埼玉医科大学グループ 看護部
勤務体制 ・2交代勤務
・3交代勤務
病床数 【埼玉医科大学病院】
972床
【埼玉医科大学総合医療センター】
1,053床
【埼玉医科大学国際医療センター】
700床

先ほども紹介したように、埼玉医科大学キャリアアップセンターでは復職支援も行っています。「職場復帰したいけれど、戻れるか不安」「職場復帰を検討中」という人は埼玉医科大学看護職復職支援研修に参加してみてはどうでしょうか?

埼玉医科大学国際医療センターはドクターカー(ラピッドカー)を導入しています。ドクターカーは医師を一刻も早く現場に投入するためのもので、医師・看護師・救命士が同乗。ドクターヘリのように天候や離着陸の制限を受けないのがメリットです。

埼玉でキャリアアップ!自分の目指す看護の道を探してみよう

埼玉には特徴のある病院がたくさんあります。

新しい小児医療の取り組みに携わりたいのなら、さいたま赤十字病院がおすすめ。経営母体の異なる病院と協働して、小児医療を推進する取り組みに挑戦している病院です。ここでなら、他の病院ではできない経験を得ることもできるのではないでしょうか。

新しい取り組みと言えば、川口市立医療センターも見逃せません。このセンターでは全国的にみても珍しい自己完結型救命センターを目指しています。また災害拠点病院として、埼玉DMATや埼玉SMARTも活躍中。

キャリアアップを目指したいなら、埼玉医科大学グループを要チェック。資格取得支援や進学支援、スキルアアップのための研修など、キャリアアップ支援が充実しています。

埼玉には魅力的な病院がいろいろあるので、今一度目指したい看護の道を検討してみるのはいかかでしょうか。

※記載されている内容は2017年3月現在のものです。